ソーイングで便利であるくるみボタンのまとめ

■くるみボタンの概要|ソーイング特集

くるみボタンとは、表面を布や革などで包んだボタンのことです。ボタン芯には金属製や木製のもの、プラスチック製のものがあります。

最近ではボタンを手軽に作ることのできるキットが多く販売されており、専用の打ち具で布を押し込むだけで簡単に作ることができます。好きな布を使えるというのが人気の理由です。布の表面に刺繍を施したりレースを付けたりして、オリジナルのボタンを作ることができるのも魅力の1つです。

■くるみボタンを利用する際の注意点

ソーイングの際にくるみボタンを使う時には、いくつかの注意点があります。

まず、1つはくるみボタンはとても繊細なボタンであるということです。キットなどを使って作った場合は、基本的には布を押し込んでいるだけですので、裏の通し穴を無理にひっぱると外れてしまうことがあります。

また針やはさみなどで表面を引っ掛けないように注意しなければなりません。お洗濯の際にも、ボタンを他の布で包んで傷めないようにするといった配慮も必要です。

もう1つは、ボタンとして洋服などに取り付ける場合です。ボタンの厚みがあるため、ボタンホールを開ける際には少し大きめにしておくことが大切です。くるみボタンを使う時には優しく、丁寧に扱うことが大切ですね。

■くるみボタンの上手な活用法・利用シーン

くるみボタンは丸い形で軟らかい素材で包んであるので温もりが感じられ、包んだ布地の表面に刺繍をしたり模様を描いたりとハンドメイド感を演出できます。

くるみボタンの使用例としては普通に洋服のボタンとして使うほか、髪を結ぶヘアゴムとして、留め具を付けてプローチに、バッグやポーチの留め具や飾りに、磁石を付けてマグネットに、コサージュの花の芯としてなど多岐にわたります。


    

ソーイングテクニック集はこちら