ソーイングで便利であるテトロン糸のまとめ

■テトロン糸の概要|ソーイング特集

テトロン糸とはポリエステルフィラメントミシン糸の通称です。絹ミシン糸を意識して開発したもので、高級衣類や紳士服によく使われます。光沢があり、細かい縫い目もキレイに仕上がるのが特徴ですが、一般に同じポリエステルのスパン糸ほど認知度は高くありません。伸縮性があるので、パッカリングに気を付けて使用しましょう。

パッカリングとは縫い縮みのことです。縫った後のミシン目に縫い縮み、ひきつれ歪みに気を付けてテトロン糸を使いましょう。

■テトロン糸を利用する際の注意点

ナイロン糸やスパン系の糸のほか、ニットを縫うのに適しているのはテトロン糸です。絹のミシン糸をイメージした糸で、細かい縫い目の美しい仕上がりが特徴ですが、その分パッカリングと呼ばれる縫い縮みやひきつれによる歪みに気を付けて縫わなければなりません。

ニットを縫う場合、ソーイングの腕前に自信がない人は高級綿でフィラメント(絹のような糸)の周りをカバーしたグンゼデニムスのような強度があり伸びもほどよい糸がオススメです。美しさやカラーの豊富さを求めるなら艶と光沢が絹のようなフジックス製品、思い通りの縫いやすさと仕上がりの美しさ(可縫性)で選ぶなら熱に強く質の良い原糸を使用しているエースクラウンなどがオススメです。

■テトロン糸の上手な活用法・利用シーン

テトロン糸とは、長い繊維から作られていて絹糸のようになめらかな質感でツヤを持っています。そのため、現在では紳士服や婦人服などの既製品にも使われている糸です。テトロン糸によっては少し伸度を持っているので、縫い縮みが起こらないように縫う際には糸の調子を合わせるなどの注意が必要です。

しかし、スパン糸などと比較すると毛羽が少なく光沢がありしっかりしているので、美しい縫い目にすることができます。


    

ソーイングテクニック集はこちら