ソーイングで便利であるスラッシュポケットのまとめ

スラッシュポケットの概要|ソーイング特集

スラッシュポケットのスラッシュとは切れ目や切り込みという意味で、本来は縫い目のないところに縦に切れ目を入れて作ったセットインポケット(表地を切り、内側に袋を取り付けたポケット)のことです。一般的には、ズボンのサイドポケットによく見られる縫い目に沿って深く切り込んだ縦形のポケットを指すことが多いです。コートの両サイドにハンドウォーマーを兼ねて取り付けたり、張りつけ式のポケットなど他形状のポケットの上に重ねて付いていることもあります。

■スラッシュポケットを利用する際の注意点

スラッシュポケットは色々な縫い方がありますが、ポケットを仕上げてから一気に縫い上げることができるのが利点です。
気を付けることとしてポケットの袋布に使うのは、裏地に使われるような薄手の布が向いているということ。また、家庭用ソーイングミシンで細い幅の縫いしろを縫っていくのが難しい時は、縫い代を1cmなど大きめにとって縫ってから余分を切り落とすとキレイにできます。

また、ほつれやすい布を使う時は、縫いしろを袋に縫うとキレイに端の処理ができて見た目が良いです。ポケットにするパーツを縫う際に、ポケット口を避けて脇を縫うのは少し難しいかもしれませんが、それ以外は簡単なのでぜひ挑戦してみてください。

■スラッシュポケットの上手な活用法・利用シーン

裁縫を趣味としている人は多いですが、特殊な技術を必要とする作業が苦手だという人も目立ちます。活用することができると非常に便利なスラッシュポケットについて、あまり理解していない人も多いのですが、これはしっかりとマスターしておくべきことです。
縫い目の合わせ方などに気を付けながら上手に縫っていくと、効果的なスラッシュポケットが出来上がります。ミシンを使用することで、効率的に作業を進めることができます。

>>佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ 体験記はこちら

    

ソーイングテクニック集はこちら