ソーイングで便利である絹の情報や方法の案内

絹の概要|ソーイング特集

絹は世界の歴史の中でも、常に美しく価値あるものとして扱われてきました。かつてはこの素材のために中国からトルコまで、約7000kmにも及ぶシルクロードが作られたほどです。現在では日常でもよく使用されるようになりましたが、その独特な美しい光沢と柔らかさなどから高級な衣類によく使われています。

また美しさだけではなく、夏は涼しく冬は暖かいという実用性にも富んでいます。さらに絹はアミノ酸で構成されていることから人間の皮膚に対しても非常に優しい素材となっています。

■絹を利用する際の注意点

絹はその美しさや実用性などから、最高クラスの高級素材として扱われています。主な用途は高級衣類や高級寝具などにも使われています。ですがその扱いはコットンやウールのような自然素材やポリエチレンやナイロンなどの合成繊維と比較して容易ではなく、ソーイングなどで使う際にも色々な点に注意する必要があります。

まず、この素材は太陽光に対して非常に弱いです。繊維がたんぱく質で出来ているため、紫外線を受けると表面劣化が発生してしまい表面が黄ばんでしまいます。水や汗などの水分にも非常に弱く、染められていた場合にはその色が落ちてしまうこともあります。
また1本1本の繊維が細く繊細なため、多少の摩擦であっても簡単に繊維が切れてしまうことがあります。最高の美しさを持つ素材であるからこそ、扱いには注意して使用するようにしましょう。

■絹の上手な活用法・利用シーン

蚕の繭から採られる動物性の繊維で、光沢があり肌触りがとても良い素材です。着物やパジャマ・肌着などに使われていますが、オススメの上手な活用法は、絹の素材の靴下を履く健康法です。冷え取りと言って流行っている健康法になります。
女性なら誰もが悩んでいる冷え症によく効き、足の先が冷たくならず全身が温かくなります。方法は絹と綿の素材の靴下を交互に4枚履いていきます。利用シーンは寝る時も含めて24時間着用するようにします。

>>自分で洋服を作ってみよう

    

ソーイングテクニック集はこちら