ソーイングで便利である庄三郎の情報のまとめ

■庄三郎の概要|ソーイング特集

裁ちばさみといえば庄三郎と言われるほど、その名は親しまれています。ごく一般的な家庭用から女性が手にしやすいコンパクトなもの、またプロが使用する業務用のものまで全てがその用途に応じた素晴らしいものです。

庄三郎を利用する際の注意点としては、この用途や自分の手にしっくりくるものを選ぶということになるでしょう。右手用と左手用は違いますし、用途や熟練度合いによって使いやすい工夫がなされているものもあります。

■庄三郎を利用する際の注意点

ソーイング用として庄三郎のはさみを選ぶ時には、右手用左手用に気を付け、その次は素材を知ることです。切れ味が鋭く長年愛用できる鋼製と錆びにくく扱いやすいステンレス製があります。その後、長さを用途に応じて選択します。

標準的な長さは240mmと260mmですが、その他にも長短ありますので用途と自分の手に合ったものを選びましょう。小細工用の小さめのはさみもあります。その他形状も先玉付き型と言われる、はさみの先端が丸く加工されているものがあります。布の大幅裁断などを行う時に、大変安全で布を傷つけません。刃先の角度を鋭角にして、布を傷めにくい工夫を施しているものもあります。

初心者用から熟練者用まで揃っていますので、まずは身の丈に合ったはさみから使ってみるというのも大変有効な選択です。

■庄三郎の上手な活用法・利用シーン

プロの方や洋裁で使われるはさみの中で最も一般的な裁ちばさみのブランドが庄三郎です。このブランドは、江戸時代末期まで刀鍛冶をしていた吉田弥十郎が刀鍛冶の技術を生かして、日本刀の持つ鋭さや軽さを兼ね備えたはさみの製造技術を確立し、それを受け継いだ三浦庄三郎によって設立されました。製造は機械でも最終調整は人の手で行うという、妥協のない制作を今でも続けています。刃部に購入刃物鋼の付け合わせを使用しているので、切れ味は抜群です。

>>はさみを使って洋裁にチャレンジしよう


    

ソーイングテクニック集はこちら