ソーイングで便利であるロータリーカッターL型

■ロータリーカッターL型の概要|ソーイング特集

ロータリーカッターL型は、グリップの先端に円形の刃が付いたロータリーカッターのなかでも直径45mmの刃を持つものがL型として扱われます。

同じロータリーカッターでも、28ミリメートルの刃を持つS型と比較して大きな刃を持っていることから、特に直線にカットしたり比較的厚手の布や紙などをカットするのに特に向いているカッターです。

またハサミでは布をカットする時に布を持ち上げる必要がありますが、布を置いたまま押し付けてカットができるという利点も持っている製品です。

■ロータリーカッターL型を利用する際の注意点

ソーイングでも非常に活躍してくれるのがロータリーカッターL型ですが、これを買っただけではまだ裁断できません。そのままカッターの刃を押し付けてしまうと机に傷をつけてしまいますし、カッターの刃も傷ついて寿命が短くなってしまいます。

ですので実際にカットをする際は、下にカッターマットを敷いて作業するようにすることが必要です。

また円形の刃を持っているので左右に刃が動きやすく、直線をロータリーカッターだけで切るのは非常に不便です。直線にカットする場合は、横に定規を添えてそれに添わせるような形で刃を入れていくと真っ直ぐ切れるようになります。使う際にはカッターマットと併せて定規も準備しておくとより効果的に使用できるでしょう。

■ロータリーカッターL型の上手な活用法・利用シーン

ロータリーカッターL型とは刃を回転させて生地を切るカッターで、布や紙・薄い生地のシルク・厚手のキルティング・皮・フリース・レザーまで切ることができます。生地を重ねて切ることもできますし、定規を使って裁断することもできます。曲線も切れるカッターでとても便利です。

ロータリーカッターL型はの活用法は、裁断はさみよりも簡単に切ることができるのでレザーを使った小物やフリースでポンチョやネックウォーマーなど作る時に便利です。

>>ロータリーカッターの使い方は?




    

ソーイングテクニック集はこちら