ソーイングで便利であるリボンの情報のまとめ

■リボンの概要|ソーイング特集

リボンはその素材や織り方によって様々な種類があります。また、色の種類も多く装飾用によく使われます。ラッピングの飾りに使われるほか、それ自体をリボンモチーフとして結んだり、編んだり留めたりしながらアクセサリーを作ることもあります。

またソーイングで利用する時には布に縫い付けて装飾にするほか、ストラップやベルトのように結んで使ったり、開いている部分を結んで止めるという使い方をすることもあります。

■リボンを利用する際の注意点

ソーイングの際に、何かアクセントをつけたいと思ったらリボンを使うと便利です。端がほつれることもなく簡単に装飾ができます。そのためよく使われているのですが、洋服など頻繁に洗うものに対してリボンを使う時には少々注意が必要になります。

特にしっかり縫い付けてライン状の装飾にする場合など、布地と素材が上手く合わないと洗濯する際に縮み具合が変わってしまい、引きつれて見た目が悪くなってしまうことがあるのです。例えばニットだと縮みやすくなっていて、リボンの装飾には向きません。そのような時は、広範囲ではなくワンポイントで使うようにしましょう。

素材によってはアイロンなども使えない場合があるので注意してください。

■リボンの上手な活用法・利用シーン

ラッピングリボンなどカラフルでとても可愛いものが多く、捨てるのももったいないのでオススメの活用法を紹介します。自分で作ったクッキーを友人にお裾分けする時など、ちょっとしたプレゼントのラッピングに使うと便利です。

いらない箱をアレンジしてリボンで装飾するととても可愛い小物入れになります。シンプルな缶に両面テープで貼りつけて巻きつけると可愛いペン立てになります。ガラスの花瓶につけると可愛くお花を飾ることができます。


    

ソーイングテクニック集はこちら