ソーイングで便利であるレースの情報のご案内

■レースの概要|ソーイング特集

レースは手芸材料の中で最も女性らしさを演出できるアイテムです。繊細に編まれた糸のなかに美しい模様が浮かび上がります。使われている素材も木綿のような素朴で、カントリーチックのものから艶のあるレース糸で編まれた高級感のあるものなど様々です。

作り方によっても印象は大きく変わり、形状もリボンテープ状のものから広い範囲にわたるものまで様々です。用途に応じて、使いやすいものを選んでいくことができます。

■レースを使用する際の注意点

ソーイングはなかなか手を出しにくいという方でも、簡単なリメイクならやってみたいという方も多いでしょう。そんな方にオススメできるのがレースを使ったリメイクです。飽きてしまった服の裾につけてみるなど、ちょっとした作業でぐっと女性らしい雰囲気になります。形状によってはつけ襟のようにも使うことができます。

気を付ける点は、服など頻繁に洗濯するものにつける時は外れないようにしっかりつけること。そして、洗濯の際には縮まないように形を整えながら干すようにすることです。縮んだまま干してしまうとめくれたりしてキレイに見えないことがあります。できれば洗濯機ではなくて手洗いで優しく洗うと型崩れをさせずに長く楽しむことができます。

■レースの上手な活用法・利用シーン

レースはブラウスやドレスに使うと大変豪華な印象を受けますし、婦人服や子ども服によく用いられているアイテムです。スカートの裾やブラウスの前たてや袖口、靴下・ハンカチ・布製のバッグ・ポーチ等の小物のワンポイントに、また既製服をリメイクする時などにも少し取り入れただけで華やかになります。

レースの素材は綿100%が多いのですが、なかには綿麻のものもあり、これは洗濯をすると縮みますので予め水通しをしてアイロンをかけてから使います。


    

ソーイングテクニック集はこちら