ソーイングで便利であるポリエステルのまとめ

ポリエステルの概要|ソーイング特集

ポリエステルは合成繊維の1つで、1941年にイギリスで完成されました。特徴として強い合成繊維として知られるナイロンに次ぐ強度を持っており、特に磨耗に対しては抜群の耐久性があります。またカビや虫害といったものに対して高い抵抗力を持っていることも特徴として挙げられます。軽くて乾きやすく製造過程で付けられた折り目なども取れづらくなっているので、紳士用のスーツや婦人用のドレス、スカートなどにも活用されています。

■ポリエステルを利用する際の注意点

ポリエステルが持つ特徴から様々な利用法があることは先述した通りですが、ソーイングに使う際にはその特徴が欠点になってしまうので注意が必要です。吸湿性が少ないということはタオルケットやシーツ、布団カバーのようなものを作る時には大きな欠点になります。素材が湿度を吸ってくれないため、非常に蒸れやすいのです。またあまりにも高温を与えてしまうと溶けてしまう、という点にも注意が必要でしょう。

綿のような自然素材と混合させた生地を使っていて、それにアイロンをかける際などには特に注意が必要です。生地に使われている2つの繊維のうちポリエステルだけが高温に耐え切れずに溶けて、生地をダメにしてしまうことがあるのです。様々な便利な特徴を持っているこの繊維は、かなり色々なところに利用されています。こういった注意点を意識することで、自分の作品などを長持ちさせることが可能になるでしょう。

■ポリエステルの上手な活用法・利用シーン

ポリエステルは化学繊維の中で最も生産されている繊維です。耐久性に優れ吸湿性が低いので濡れても乾きやすく摩擦や酸・アルカリ・薬品にも強く、かびや虫の害も受けません。ただ静電気が起こりやすい欠点があります。

以上の特徴からポリエステルはフリース地・学生服・裏地・ワイシャツ・レインコート・和服地等の服飾のほか、寝具やクッションの中身としても利用されています。また産業資材として緩衝材・吸音材・断熱材等のほか検査用シーツ、水槽用フィルター等にも使われています。

>>自分で洋服を作ってみよう

    

ソーイングテクニック集はこちら