ソーイングで便利である柄合せの情報のご案内

柄合せの概要|ソーイング特集

柄合せとはその名の示すままで、ボーダーやチェックといった様々な柄を袖や襟など別の布を縫い合わせる場所で柄がズレてしまわないように合わせることを指します。
柄の無い単色の生地などであれば別段気にするようなことではありません。しかし様々な柄を使って服や帽子を作る時には柄が少しズレているだけで、その服を見た人に対して違和感を抱かせたり、だらしないといった印象を与えてしまうことがあるだけに特に注意が必要な点です。

■柄合せを利用する際の注意点

ソーイングでの柄合せは完成品の見栄えを良くする上でも、その完成品を見た人に対して与える印象をより良いものにするためにも必須です。ですが、これをしっかりと行うにはそれなりの技術が要求されることもまた事実です。
特にミシンなどを使って縫っている場合には、最初に柄をしっかりと合わせて固定したつもりであっても縫っているうちに布がズレて、最終的に柄がバラバラになってしまっているということがよくあります。

こういった場合には、シルクピンと呼ばれるピンを使って固定しながら縫うと良いでしょう。シルクピンは通常のマチ針と違って細い上に凹凸が非常に少なく、ミシンで縫う際には心強い味方になってくれます。
しっかりと固定した上で縫えば柄がズレてしまうことも格段に減りますが、もしカーブなどを縫う際にはシルクピンが手に刺さってしまったりしないように注意しながら縫うようにすることが必要です。

■柄合せの上手な活用法・利用シーン

布を用いた作業を行う場合、柄合せに気を付けておくと美しい仕上がりになります。ポイントは、パターンに柄を描くということです。布にパターンを載せて、布の柄をパターンに写していくのです。定規などを使用して、丁寧に作業するのがコツです。
まち針を使用すると、作業効率が落ちてしまうので注意が必要です。文鎮などを使用するのが最適です。柄合せは、それほど几帳面に作業しなくても良いデザインになるので、初心者でも手軽に行えます。

>>自分で洋服を作ってみよう

    

ソーイングテクニック集はこちら