ソーイングで便利である衿ぐりの情報とはまとめ

衿ぐりの概要|ソーイング特集

衿ぐりとは、前後身頃における首の付け根部分や首回りに衿が付けられる部分のくりのことを指します。衣服デザインによって、U字であったりV字であったりと様々な形態となっています。
実際には、U字ネックやV字ネックと呼ばれていることを連想すると分かりやすいでしょう。ちなみに体型のバランスから様々なチェック項目があり、なで肩・幅広の肩や丸顔などを考慮した衿ぐりのチョイスが必要となります。

■衿ぐりを利用する際の注意点

ソーイングする上で重要なのが衿ぐりと身体のバランスであることは記述しておりますが、頭のサイズが大きかったり肩が幅広だったとしても、バランスの問題さえクリアとなっていれば比較的どのようなシチュエーションの襟ぐりでも似合うことが多い結果となっています。

衿ぐりが小さいので既製品でも頭が入らないケースが見られますが、生地の伸びがある程度期待できる素材で作るのが通例となっています。ただし生地は伸びても、ハイネックの衿ぐりはミシン糸で引っ張られて伸びないが為に入らないということになります。
ソーイングする際は上記首筋まわりの状態をきちんと見極めた上で、バランスに気を付けて修正作業をすることを心掛けてください。

■衿ぐりの上手な活用法・利用シーン

近年、ミシンを使用した作業をするのは仕事として行う人ばかりではありません。一般家庭においても、趣味としてミシン作業をしている人が増えてきました。一般の人が作業をする場合、いくつか気を付けておくだけで作業効率や作業精度が大きく向上します。
例えば、衿ぐりの処理に関する点です。この場合、作業の方法にも気を配る必要がありますが特に使用するミシン糸を適切なものにするだけで、大幅に作業の効率が上がります。

    

ソーイングテクニック集はこちら