ソーイングで便利である長刃の情報のご案内

■長刃の概要|ソーイング特集

長刃とは糸切りばさみの種類の1つで、名前の通り長い刃先をしています。関西で好まれる刃の長さです。糸切りはもちろんのこと、ボタンホールなど布の細かな部分を切るのにも使いやすいです。

刃先が長いと、細かい作業で小回りが利きます。糸切りばさみは使いやすいものが1つあれば良いものですが、このように用途によって刃の長さを替えた方が作業がしやすいので長さに関係なく手にフィットするものを揃えておくのも良いでしょう。

■長刃を利用する際の注意点

手縫いでもミシンでも必ずソーイングで使うものの1つが糸切りばさみです。糸切りばさみには種類があります。手によく馴染むものを選ぶことで作業のしやすさや仕上がりが変わって来ます。

まず刃の形です。刃先が尖っている一般的なものと、布を傷つけないように丸くしてあるものがあります。次に長さは、刃先の長い長刃と短い短刃があります。自分が使いやすい方を選ぶと良いのですが、刃先が長い方が布を切る際に細かい作業がしやすいです。

ボタンホールなど細かい部分を切る時、刃先が長い方が手が思い通りに動かせてキレイに仕上がります。長刃は関西で好まれ多く使われていますが、自分の手にフィットするなら短刃と共に1本あると便利な糸切りばさみです。

■長刃の上手な活用法・利用シーン

糸切りばさみの中でも刃先が長くなっているものを長刃と呼び、関西地方でよく使用されています。糸切り用としても使用できるのはもちろん、短い部分の布を切るのも可能で、特にボタンホールなどに使う時は刃が短いタイプのものよりも使いやすくなっています。

庄三郎糸切りはさみはしつけや縫い目を解くのに重宝し、アレックスは1000円以下と価格が手頃で昔ながらのデザインで使い易くなっています。また美鈴の糸切りはさみは、刃部と柄部を同質の刃物炭素鋼で一体成型した丈夫なはさみで、サビに強いイブシ加工が施されているのが魅力的です。


    

ソーイングテクニック集はこちら