ソーイングで便利であるニットの情報のまとめ

ニットの概要|ソーイング特集

ニットと聞くとほとんどの方が思い出すのが、セーターなどの製品です。この言葉の語源が「編み物をする」という英単語knitからきているように、1本の糸でループを作りながら編むことで作られた生地という特徴があります。
同じような製法で作られる生地にはメリヤスがありますが、これらの違いはほとんど無く現状ではアウターウェアなどに使われた場合はニット、アンダーウェアに使われる場合においてはメリヤスという言葉を使われることが多いようです。

■ニットを利用する際の注意点

ソーイングに使われる生地は大きく分けて糸を編み合わせることで作られた編物、縦糸と横糸をいくつも交差させることで作られた織物に分けることができます。ニット生地はまさに編物で、編み合わせることによって作られた生地は織物に比べていくつかの特徴があります。まず伸縮性が抜群に高いことが挙げられますし、柔らかな風合いは織物とは違った味わいをもたらしてくれるでしょう。しかし、織物にはない欠点があることも事実です。

特にその伸縮性が原因で、強く引っ張り続けたりすると生地が伸びてしまうことがあります。また型崩れもしやすいですし糸を編み合わせて作っている以上、どうしても織物よりも厚手な生地になってしまいます。

最近では形態安定や撥水、速乾といった様々な加工をしたニットが出てきています。ソーイングに使う際には様々なものから最適なものを選ぶと、完成した時に使いやすいものを作ることができるでしょう。

■ニットの上手な活用法・利用シーン

ニットは洗濯に失敗すると縮んでしまうことがあり、着れなくなってしまいます。捨てるのももったいないのでオススメの活用法をお教えします。縮んでしまったニットはフェルト状になっているので、裁断して鍋しきやコースターなどを作ると良いです。生地が硬くなっているので、油汚れがあるフライパンの掃除やガスコンロの掃除などスポンジの替わりに利用すると便利です。キレイな色の生地だったら裁縫をしてかわいいオーナメントを作ると良いでしょう。

    

ソーイングテクニック集はこちら