ソーイングで便利である和装用ソーイングボディ

和装用ソーイングボディの概要|ソーイング特集

人の身体を模したソーイング用の人形がソーイングボディと呼ばれるものですが、このなかでも特に和服を作ることに焦点を当てて設計されているのが和装用ソーイングボディです。

一般的なボディはTシャツやワンピースのような洋服を着せることを前提として設計されているため、肩や胸のラインがより洋服を着せた時に映えるようになっています。
ですが和装を着せることを目的としたボディでは全体的なラインが和服に映えるように設計されており、帯を締めることを前提としていますので腰のところを柔らかい素材で作っているなどの特徴があります。

■和装用ソーイングボディを利用する際の注意点

ソーイングで和装用ソーイングボディを用いる際は、他のボディを選ぶ時と同じようにそのサイズに注意をすることが必要です。間違ったサイズで作業を行えば、当然出来上がりのサイズも異なってきてしまうので購入をする際には特に注意するようにするべきです。
また一口で和装用と言っても、そのボディは作っているメーカーによって様々な特徴があります。その差が最も大きく出てくるのはボディの腰の部分です。

メーカーによっては腰部分を寸胴にすることで作業時に帯を締めやすくしたり、本物の人体と同じように細い腰にして完成後のイメージがより正確に分かるようにしたりと様々な工夫を凝らしています。メーカーごとの工夫が現れる腰の部分には「どのような素材を使っているのか」、また「どのような特徴があるのか」という点を確認すると良いでしょう。

■和装用ソーイングボディの上手な活用法・利用シーン

和装用ソーイングボディは作った着物や浴衣の出来具合を見るほかに、着付けの練習にも用います。洋装用と違う点はヒップの下から膝下までの長さがある物や、ウエストの部分に帯が締めやすいように軟質の素材が使われているところです。

和装用ソーイングボディを選ぶ際は、帯を締める時に力を入れてもぐらつかないように足元がしっかりしている物を選びます。また腕の部分がついている物を選ぶとバッグ等の小物とのコーディネイトを見るのに便利です。

>>ソーイングの知識を学びたい方へ

    

ソーイングテクニック集はこちら