ソーイングで便利である天竺の情報のまとめ

天竺の概要|ソーイング特集

天竺とは、ニット生地の中でも特に薄手のものです。平編み、またはメリヤス編みと言われる編み方で作られ、下着やTシャツなどによく使われるニット生地です。編み方の特性から編み目が斜めに傾く斜行が出やすく、布端が丸まりやすいという特徴があります。
そのためにソーイングの材料としては非常に扱いにくいのですが、その反面伸びにくいという特徴もあるので、その点を上手く活かせると使いやすい素材になるといえます。

■天竺を利用する際の注意点

ニットは扱いが難しい生地ですが、その中でも天竺は特に扱いが難しい素材といえます。まず薄いために、布端が丸まりやすく非常に縫いにくいということが挙げられます。通常の家庭用のミシンではきちんと布端の始末をすることが難しいので、通常のミシンよりもロックミシンの利用をオススメします。

基本的に伸縮はしにくい生地ですが、はじめに水通しをしておくとその後の伸縮が抑えられて洗濯しても縮みにくくなります。縫いにくい生地であるがゆえにソーイングの前のひと手間を惜しまないようにしましょう。
天竺を扱う前に、他のニット地でニットの扱いに慣れておくと良いでしょう。慣れてくれば天竺は伸びにくい分だけ扱いやすい生地になるといえます。

■天竺の上手な活用法・利用シーン

天竺は平編みとも呼ばれている、最も基本的な編み方で作られた生地です。生地は使用する糸によって中厚地~薄手の厚みに変わります。適度な伸縮性がありますが平編みのため生地端が丸まるので、ニットに慣れていないと最初は扱いが難しいかもしれません。

ニットの素材の中では1番多く利用されており、セーター・Tシャツ・カーディガン・スカート・チュニック・アンダーウエアなどに用いられています。裏地に接着芯を貼ればバッグや帽子にも使えます。

    

ソーイングテクニック集はこちら