ソーイングで便利である裏毛の情報のご案内

裏毛の概要|ソーイング特集

裏毛は、ニット生地と言っても他のニット生地とは印象が大きく違います。見た目はかなり厚手でしっかりとした生地で、トレーナーなどにも使われる素材です。表面は天竺と同じようですが裏側はパイルのようになっており、厚みが出るようになっています。保温性があるために、寒い時期の服などに適しています。
薄手に作られたミニ裏毛と呼ばれるものなど、様々な種類がありますので用途に合った生地を選ぶようにすると良いでしょう。

■裏毛を利用する際の注意点

裏毛はニット生地の中でも特に厚手という特徴があります。そのためニット生地の中では扱いやすい方なのですが、やはりニット生地だけあって端が丸まりやすくなります。その点に気を付けて扱いましょう。
基本的に伸縮は少ないほうではありますが、素材によっては伸縮性が高まっていたりしますので注意しましょう。やはり初めに水通しなどをして縮んでしまうところは縮ませてしまったほうがあとあと扱いやすくなります。


また、裏毛のデメリットとしては端がほつれやすいということが挙げられます。そのため、切断と同時にかがることができるとよいでしょう。やはり本格的なソーイングをしようと思ったらロックミシンの利用も必要になります。

■裏毛の上手な活用法・利用シーン

ソーイング初心者の方で裏毛生地を使う時は、生地のテンションが低いものを選ぶと良いです。テンションというのは生地の伸縮に使う表現です。

テンションが高いと生地が良く伸びますが、端がすぐにクルクルと丸まってしまいます。テンションが低い生地ですと丸まってこないので縫いやすいです。裏毛でテンションが低い生地なら初心者の方でも扱いやすいと思います。
またニットソーイングの際はニット用のミシン糸を使う事を忘れないようにして下さい。

    

ソーイングテクニック集はこちら