ソーイングで便利である折りしろの情報とは

折りしろの概要|ソーイング特集

ミシン糸 ソーイングで必要な知識は色々ありますが、ニットを縫う際に気を付けなければならないものの1つに折りしろがあります。
ニット生地はよく伸縮しますから、それを縫う時には必ずその伸びを考慮して始末方法を決めなければなりません。切りっぱなしで仕上げるものには関係ありませんが、それ以外のものには折りしろをきちんと始末しなければなりません。
袖口や裾などの端の始末をする時には、生地を折り返してから縫って仕上げを行います。

■折りしろを利用する際の注意点

ソーイングで折りしろの始末をする際に、一番考えなければならないのがニットの伸縮です。ボトムスの履き口や裾、袖口などは着たり脱いだりする時に縫い目に負荷がかかります。洋服ですから頻繁に着脱するため、糸が切れやすくなります。ニットを縫う場合には必ず布と一緒に伸縮するように、ニット用のミシン糸を使用することです。ニット用の糸よりもさらによく伸縮するウーリー糸を併用することもあります。

ミシンでの始末の1つに、直線縫いを平行に2本かけるやり方があります。1本は縫い止めるためで、もう1本は布端の始末を兼ねて縫います。少し布を伸ばし気味にミシンをかけるとキレイに仕上がります。他にもジグザグミシンと併用したり、ロックミシンを使うこともあります。

■折りしろの上手な活用法・利用シーン

最近では、裁縫に興味を抱く方が少なくなってきたように感じます。しかし、裁縫の技術を養っておけば家庭のあらゆる場面で役立つ事は間違いありません。

そこで、裁縫に関しての重要な知識として折りしろについて考えていきたいと思います。裁縫を綺麗にするために絶対に折りしろは必要なのですが、上手にできない方がほとんどなのです。
しかし、その失敗はデザインの1種として取り入れてしまえば良いのです。失敗を隠そうとせずに、それを個性豊かなデザインとしてしまえば、それは失敗ではなくなるのです。

    

ソーイングテクニック集はこちら