ソーイングで便利であるディスプレイ用ボディのまとめ

ディスプレイ用ボディの概要|ソーイング特集

ソーイングで服や帽子などを作る際には、人間の身体を模したボディがあると非常に効率的に作ることが可能になります。そのボディのなかでも、作業よりも完成品を飾ることに特化しているのがディスプレイ用ボディです。
ソーイング用のボディは、精密に作られ完成後の製品に誤差が出ないようにという点に注意しながら作られています。それに対しディスプレイ用として用いられるものは第三者が見た時に、より服が引き立てられて見えるようにという点において特化していると言えるでしょう。

■ディスプレイ用ボディを利用する際の注意点

ディスプレイ用ボディを使う際には、何よりもそのサイズと組み合わせに注意をするべきです。特に完成した服は少なからず、どのような体系の人が着るのか想定されているはずですから、子供服なのであれば子供用のボディに着せ、赤ちゃん服であれば赤ちゃんのボディに着せ、といった点を徹底する必要があります。

またソーイングで完成した服には、それぞれが持つ雰囲気というものが存在しています。フォーマルな雰囲気なのか、それともカジュアルな雰囲気なのかと言ったことがこれに当たります。こういった細やかなところにも対応し、ボディに張る生地やスタンドを変更してくれるメーカーも多数存在していますので、色々な製品を確認し不安な点はこまめに確認を取るようにするとよりステキなディスプレイができるようになるでしょう。

■ディスプレイ用ボディの上手な活用法・利用シーン

立体裁断をするわけではなく、作った洋服を飾っておきたいという時にぴったりなのがディスプレイ用ボディです。通常のソーイングボディと違い、まち針を刺すための柔らかさがないものが多く、作った洋服を美しくディスプレイするためにポージングをしているボディが多くなっています。

バストやヒップなどがよりリアルなものもありますので、使用目的に合わせてリアリティのあるボディを選ぶと良いでしょう。ワイヤーでできた婦人ワイヤーボディはベルトやバッグといった小物やアクセサリのディスプレイに活躍し、スレンダースタイルラッカーボディトルソーはウエストリフトトルソーなので、衣類の着せ替えがスムーズにできるのが特徴です。

    

ソーイングテクニック集はこちら