ソーイングで便利であるブレードの情報とは

■ブレードの概要|ソーイング特集

ブレード

ブレードはリボンやレースなどと同様、細長い紐状に織られたものであり主に装飾用に使われます。素材は様々で、それらの特性を生かして豪華な細工がしてあるため、ゴージャスな雰囲気をプラスしたい時によく使われます。

模様が織り込まれていることも多く、つけるだけでかなり印象を変えることができます。ラメなどが入っているものや単色で織られたものなど見た目は様々で、色々な用途に使うことができます。

■ブレードを利用する際の注意点

インテリアにソーイングを取り入れたいという方は、そのアクセントとしてブレードを使ってみると手軽に装飾ができます。裾に結んでフリンジにしても良いですし、縫い付けてライン状の飾りとして使うこともできます。

ブレードはリボンなどと比べて厚みが出やすいのが特徴です。使う際の注意点としてはリボンなどよりも厚みが出る分、布地などに縫い付けにくくなるので、使用の際に外れないようにきちんと取り付けることです。ミシンなどでは針が外れることもありますので注意しましょう。

1針1針きちんとついているか確認しながら縫い進めていくと良いです。またラメなどの特殊な素材を使っている場合は、洗濯やアイロンがけで破損しないように気を付けましょう。

■ブレードの上手な活用法・利用シーン

ブレードとは洋服・インテリア・小物など、主に縁取りや装飾に用いる飾り組み紐のことです。凝った装飾のものを用いることで、ちょっとした小物がパッと華やかになることも。

例えば枕やクッション、厚手の生地にしっかりした縫製で作られた作品にもう少しインパクトが欲しい、そんな時に濃紺の生地の四隅を囲むように銀ベースのブレードをミシンで縫い付ければ、それだけでアンティーク調に早変わりします。

扱いも簡単で、糸が密集したラインをミシンで真っ直ぐ縫うだけです。初心者でも簡単にアクセントをつけられます。


    

ソーイングテクニック集はこちら