ソーイングで便利であるかんぬき止めのまとめ

かんぬき止めの概要|ソーイング特集

ファスナーやポケットなどの縫い止まりは、何も手を加えないでいるとどんどんほつれていってしまうことがあります。その対策として効果のある縫い方がかんぬき止めという縫い方です。

糸を2~3回渡してからかがることでほつれを未然に防ぎ、かつ目立たないようにして補強をすることができます。イメージしづらいものではありますが、ネクタイの裏地などを見てみるとネクタイが広がらないように、かんぬき止めが施されているものがあります。

■かんぬき止めを利用する際の注意点

かんぬき止めはファスナーやポケットなどを補強する目的のほか、和装の身八つ口近辺、つまり着物の身頃の脇にある開いた部分の周りを保護する時にも使われます。製品の保護を目的として施される処置ではありますが、糸にこだわりを持って選んで丁寧に縫いつければ、それ自体が飾りにもなります。

基本的には針を入れた後で、その針に糸をひねり巻いてやり巻かれた糸を押さえつつ針を抜き通してやることで作るものです。全体的に手元の似た位置で作業を進めることとなりますので、焦らずゆっくりと確実に作業を進めることが重要です。ソーイングをする際に絶対必要な技術ではありませんが、抑えておくことでより長持ちするものや小技が入った美しいものを作ることが可能になるでしょう。

■かんぬき止めの上手な活用法・利用シーン

かんぬき止めとは、縫い目がほどけやすい部分やポケット口などを補強するための縫い方です。手縫いでは2回ほど糸を渡してかがります。しかしミシンの場合、生地が分厚くなるとミシンの押さえが浮いてしまい空回りをして前に進まなくなることも多いですね。そんな時はスカートやパンツのベルト芯として使用するインサイドベルトを活用しましょう。

コツとしては柔らかい素材で接着しないタイプを選んでください。また、ゴムタイプのものは避けてくださいね。このインサイドベルトを折り畳んでミシンの押さえにかませると、押さえを平行にできます。分厚い生地のかんぬき止めにはこうして対応しましょう。

    

ソーイングテクニック集はこちら