ソーイングで便利である手芸はさみのまとめ

■手芸はさみの概要|ソーイング特集

手芸はさみとは、一般に裁ちばさみ以外の洋裁用のはさみを指します。日本伝統の握りばさみではなく、刃部分と握る部分がセパレートしている形の小型はさみです。

糸きりばさみとしての用途だけでなく、パッチワークに適したパッチワークはさみなどもあります。裁ちばさみと違って、細かい作業に向いているハサミです。切れ味の良さにこだわった商品もありますが、可愛らしい個性的なデザインの手芸はさみも製造販売されており、裁縫箱に加えたいアイテムの1つです。

■手芸はさみを利用する際の注意点

ソーイングにおいて手芸はさみを使う際の注意点は、まず用途に合ったハサミを選ぶということです。

糸を切るだけなら切れ味はいまひとつでも安価なもので構いませんし、デザインに凝るのもいいでしょう。小さな布を正確にカットする必要があるパッチワークには、少し値段が張りますがパッチワーク用のはさみがオススメです。パッチワークはさみは、細かいフェルト細工などにも重宝します。色々な用途に使いたい場合は、軽くてグリップが大き目のものが持ちやすく作業が楽なのでオススメです。

そして、手芸用はさみで布や糸以外のものを切るのは避けましょう。紙や堅いものを切るのに使用すると、刃が傷んで切れ味が悪くなります。また、刃先が尖っているので取り扱いには注意します。

■手芸はさみの上手な活用法・利用シーン

日本で古来より使用されている握りばさみタイプの糸切りばさみではなく、刃と握りが分かれている手芸はさみは使いやすさは握りばさみに劣るものの、デザイン性に優れ切れ味や持ち運びやすさには定評があります。現代人にとっては工作用のはさみを幼少の頃から慣れ親しんでいるため、とても使いやすい形状のはさみではないでしょうか。

糸を切るという本来の使い方はもちろん、その切れ味から布を裁ったり細かい作業に使用できたりと幅広く活躍してくれるはさみです。


    

ソーイングテクニック集はこちら