どう選ぶ?ソーイングボディの種類と用途

どう選ぶ?ソーイングボディの種類と用途

洋裁学校やソーイング教室でよく見かける、上半身と腰あたりまでのボディのことをソーイングボディと呼びます。
トップスのみ、スカートのみを趣味程度につくっている方はあまり必要性を感じないかもしれませんが、ボディラインに沿ったワンピースやオールインワンをつくるときには大変役立つソーイングアイテム。本格的にホームソーイングをしたい、という方にはおすすめです。
ボディには、ショップなどの展示に使われる「ディスプレイ用ボディ」や「マネキン」、洋裁に使われる「洋裁用ボディ」があります。ボディに直接布を当てて洋服の形をつくっていく立体裁断をする場合には、ボディは必需品ですよね。

ソーイングボディ

ソーイングボディ

ボディにラインが引かれていて、首から腰あたりまであるボディがスタンダードなソーイングボディです。
ソーイングボディは、それぞれの体型に合わせるためSサイズから3Lサイズ程度まで用意されています。ご自分の体型に合わせたものを選ぶと、洋服づくりも楽しくなるはず。ピンでとめられるように表面が布でできているものがほとんどで、立体裁断には最適ですね♪ボディの下部はスタンドと受皿になっているため、女性の方でも簡単に持ち運びできます。

おすすめのソーイングボディはこちら!

  • 工業用ボディニューキプリス

    工業用ボディ
    ニューキプリス

    1995年に発売されたニューキプリス。5号から15号まで用意されており、あらゆる体型を網羅。

  • 紳士用ソーイングボディ

    紳士用
    ソーイングボディ

    旦那さんやお父さんの洋服をつくるときに持っておきたい、紳士用ボディ。スチールスタンド付き。

  • パンツスカート兼用ボディ

    パンツスカート兼用
    ボディ

    スカート・パンタロンの2通りの仕様ができる婦人トルソーボディ。9号レディースの安価版です。

和装用ソーイングボディ

和装用ソーイングボディ

洋裁用のソーイングボディの他に、和装のためのソーイングボディもあります。
洋裁用と違う点は、浴衣や着物が美しく映えるようヒップ下にもボディがあること。また、帯がしめやすいようにウエスト部分には軟質材が使用されていることが多いです。和装用のボディを選ぶ際には、帯をしめる際にぐらぐらしないよう足元がしっかりしているもの、より美しくディスプレイするためにポーズが決まるハンドが付いているものを選ぶといいでしょう。和装用ソーイングボディは、着付けの練習にもおすすめです。

おすすめの和装用ボディはこちらです!

  • 婦人和装ボディーアイボリーハンドモデル

    婦人和装ボディーアイボリーハンドモデル

    足元がぐらつかないよう、2本のスタンド付き。バッグをもたせることができる自由自在に動くハンドにも注目。

  • 和装着付け用ボディ安定台

    和装着付け用ボディ
    安定台

    台の安定にこだわった、大きめ台の和装用ボディ。床を傷つけない、フェルト張り仕様のオプションも。

  • 和装ボディ

    和装ボディ

    腕なしと腕つき、スチールベースと木製ベースなど、予算や目的によって仕様を選ぶことができる和装用ボディです。

ディスプレイ用ボディ

ディスプレイ用ボディ

立体裁断をするわけではなく、つくった洋服を飾っておきたいというときにぴったりなのが、ディスプレイ用ボディです。通常のソーイングボディと違う点は、まち針をさすための柔らかさがないものが多い点、つくった洋服を美しくディスプレイするためにポージングをしているボディが多い点があげられます。バストやヒップなどがよりリアルなものもありますので、「ヒップのラインをキレイに出したい」というときにはリアリティのあるボディを選ぶといいでしょう。ディスプレイ用ボディにも様々な種類がありますので、目的に合わせたものを選びましょう。

おすすめのディスプレイ用ボディはこちら!

  • スレンダースタイル ラッカーボディトルソー

    スレンダースタイル
    ラッカーボディ
    トルソー

    7号サイズのスレンダースタイルボディ。ウエストリフトトルソなので、衣類の着せ替えがスムーズにできます。

  • 婦人ワイヤーボディ

    婦人ワイヤーボディ

    ワイヤーでできた婦人用トルソー。ファッション小物・アクセサリーなどで演出しやすく、ベルトやバッグのディスプレイにも活躍します。

  • ミニボディ

    ミニボディ

    アクセサリー、スカーフなどのディスプレイや卓上のさりげない演出に最適。洋裁の練習にもおすすめ。

ソーイングボディが購入できる店舗を紹介!

ソーイングボディやトルソーなどは、専門のお店に行かなければなかなか手に入りません。
実店舗に足を運ぶのであれば、宅配料金が高くついてしまう場合もあるのでなるべく近場のショップから選んでいくといいでしょう。最近では、インターネットショップの方が品ぞろえが良くなっていますので、ネットショップから選ぶのもおすすめです。
ソーイングボディやトルソーを扱っているお店にはどのようなものがあるのでしょうか?おすすめをご紹介します!

ユザワヤ

ユザワヤ

雑貨や手芸用品を多く扱う、日本最大級の手芸用品大型専門店です。世界中のあらゆる手作り手芸用品や、材料・用具を揃えており、全国で53店舗展開。オンラインショップは楽天市場、yahooショッピング、amazon、ポンパレモール。ユザワヤオリジナルボディも販売しています。

J-spiral.com

J-spiral.com

洋裁用のボディやトルソーを扱っている専門店。扱っている種類の幅が広く、卓上ディスプレイに役立つトルソー、洋裁用ボディ、マネキン、和装ボディ、ミニボディ、ペット用ボディ、キッズ用ボディ、ディスプレイアクセサリーなどを用意。ボディ関連のものなら大抵のものをこちらで揃えることができます。

アステック・ボディー&トルソーショップ

アステック・ボディー&トルソーショップ

ホームソーイング用から、工業用のソーイングアイテムを扱っている専門店です。洋裁用ボディ、和装ボディ、ペット用ボディなどあらゆるボディが用意されている他、お好みのキャップやお好みのアーム、お好みのスタンドを選べるオーダーメイドボディも作製可能。自分だけのボディを作ってみましょう!

特におすすめのお店はこちら!

マネキンヤ・コム

マネキンヤ・コム

プロの声を反映して商品を開発しているマネキンの専門ショップです。通常よりもヌードサイズが厳密で、服作りに特化。アクティブスタイル、モードスタイル、リーズナブル、立体裁断用、和装用、マタニティ用、ワイヤーなど種類がかなり豊富なのがおすすめポイント。オーダーメイドやオーダーチョイスにも対応しています。


ソーイングボディについての種類や使い方をご紹介します。洋裁学校などではよくみるソーイングボディですが、ご家庭用にも購入される方は少なくはありません。どう選べばいいのかをガイドします!