ポケットの作り方・縫い方

用意する材料はこちら

  • 材料1:ポケットを縫いつける布
  • 材料2:ポケットになる布
  • 材料3:ミシン糸
  • 材料4:チャコペン
  • 材料5:厚紙
  • ポケットの作り方・縫い方

カーディガンやシャツなどのトップス、スカートやパンツなどのボトムスに必ずといってついているものが、ポケットです。ポケットがついていない衣類を不便だと思ったことはありませんか?より完成度を上げるためにも、ホームメイドの衣類にぜひポケットをつけてみましょう♪既成の衣類にも取り付けることも可能です。

ポケットの付け方、縫い方

ポケットにも様々な種類があります。貼り付け式ポケットの総称「パッチ・ポケット」、縫い目に沿って縦に切られている「ストレートサイドポケット」、ポケットにフラップがついた「フラップ・ポケット」、いわゆるお尻に位置するポケットの総称「ヒップ・ポケット」、ボタン留めのできる「ボタンスルー・ポケット」など。
服の種類や用途に合わせて作ってみましょう。こちらでは、最も簡単なパッチ・ポケットの作り方をご紹介します。

ステップ1
ポケット口を縫う

体験ステップ1

まずは、厚紙を用意して、取り付けたいポケットの形にカットします。
ポケットになる布も、厚紙よりも1cm程度大きめにカットします。
ポケットになる布の、ポケット口の縫いしろを裏に折りこみ、ミシンで縫っていきましょう。

ステップ2
ポケットの形を決める

体験ステップ2

ポケットになる布に厚紙を当てて、クセをつけるためにアイロンをかけます。丸いポケットはカーブが縫いにくいので、カーブの縫いしろにギャザーを寄せるといいでしょう。ギャザーを引っ張りながらアイロンをかけていくと、キレイにカーブが寄せやすくなります。

ステップ3
手縫いしてから
ミシンで縫う

体験ステップ3

ポケットを縫いつけたい布を用意し、付けたい部分にまずは手縫いで縫っていきます。端から5mmのところを縫いつけましょう。
手縫いが完了したら、ミシンで本格的につけていきます。ミシンは、端から2~3mmのところを縫うとキレイな仕上がりになります。
アイロンでおさえたら完成!

プラスαの技術が学べる洋裁教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

全国に200近くの教室を展開している大手ソーイング教室が、「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」。ロックミシンを使用して、ジャケットやコードでも60分で一着完成できる簡単でスピーディーな技術を伝授してくれます。縫製会社が土台なので、週に2回は新しい生地が、毎月3~5種類の新作型紙が入ってきます。常に新鮮な気持ちで洋裁を楽しめる、人気ソーイング教室♪


パンツやトップスなどに取り付ける、ポケットの作り方をご紹介します。ポケットの形状や用途は様々ですが、その種類を知ることが先決!そこからアレンジの加え方と、そのアイテムに最適なポケットの作り方を学びましょう。