ファスナーの付け方

用意する材料はこちら

  • 材料1:市販のファスナー
  • 材料2:ファスナーを付ける布
  • 材料3:ミシン糸
  • ファスナーの付け方

ファスナーとは、衣類に用いる開閉式の留め具の総称。「ジッパー」や「チャック」などとも呼ばれています。何度でも開け閉めできるので、衣類だけでなく小物の袋口にもよく使用されています。
ファスナーを付ける際には、市販のファスナーと縫いつける布、糸があればOK。衣類との色合いをチェックしながらファスナーと糸を選ぶようにしましょう。

ファスナーの簡単な付け方

ファスナーは、大きく3つの種類に分けられます。エレメントが金属でできている「金属ファスナー」、エレメントがコイル状の樹脂でできている「樹脂ファスナー」、樹脂製のエレメントがテープに射出成型された「ビスロンファスナー」です。どれも、付け方に違いはありません。こちらでは、パーカーなどに使われている、左右に完全に開くオープンファスナーの付け方をご紹介します。

ステップ1
布地の両端を
出来上がり線で折る

体験ステップ1

ファスナーを取り付ける部分の2枚の布に、チャコペンで出来上がり線をつけます。ファスナーの内側となる部分に、ロックミシンで端の後始末をしておきましょう。1.5cm程度に線をつけ、線に沿って折り型がつくようにアイロンがけをしましょう。

ステップ2
ファスナーを
縫いつけていく

体験ステップ2

片側の布地とファスナーを中表に合わせます。中表というのは、表面が内側になるように合わせること。
中表に合わせたら、縫いしろ部分に0.5mmで縫いつけていきます。
同様にもう片側の布地も、高さを合わせて縫いしろに縫いつけます。

ステップ3
ステッチをかけて
出来上がり

体験ステップ3

両布ともファスナーを縫いつけられたら、ステッチをかけるのがポイント。表から見たら、縫い合わせた布でファスナーが見えないようになり、ステッチをかけることで更に美しい仕上がりになるのです。
表から、0.5mmでステッチをかけたら完成。ミシン糸を変えてアクセントをつけても可愛いですね。ポーチなどの小物にもよく使う手法ですので、覚えておくと便利です。

ファスナー付けも学べる洋裁教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

ファスナーの付け方や、上級者向け技術までもっともっと知りたい!という方におすすめなのが、全国に200店舗近くの教室を展開する「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」です。縫製会社が母体となっているので、簡単でスピーディーに洋服をつくる技術を教えてくれます。生地の販売数も業界トップクラス!新しい生地や型紙が次々と入ってくるので、楽しみながら洋裁を学べます♪


スカートやパーカなどのファスナーの付け方を紹介しています。初心者さんにとっては高度な技のように思われがちですが、ファスナーの付け方は実は簡単。新しい技術を取り入れ、もっとホームソーイングを楽しみましょう♪