洋服のパーツ別ソーイングレシピ

  • 2次加工(キルト・プリント・刺繍)
  • オリジナル手作りタグの作り方
  • きれいなギャザーの作り方・寄せ方
  • ポケットの作り方・縫い方
  • ファスナーの付け方

洋服づくりを始めたばかりの方も、コツさえつかめばすぐに一着完成することができるようになるものです。
でも、細かいパーツの取り付け方や、完成させた衣類の2次加工は最初のうちはなかなか難しいかもしれません。何度も繰り返し行うことで徐々に上達してきますから、まずはパーツ作りの方法を学び、練習をしてみましょう。

パーツ作りにひと手間かけて服の魅力アップ!

ポケットやギャザー、ファスナーなどを使用していない服もありますが、やはり何かしらパーツを加えた方が味が出ます。ポケットなどは、ある意味必須パーツとも言えますし、無いと間が抜けた印象にもなりますので、ぜひ取り付け方を覚えておきたいものです。
何より、細かいパーツにこだわることで服の魅力は格段とアップするもの。ステキな服の完成を目指し、各パーツにこだわってみましょう!

魅力がUPするソーイングレシピ集~こだわるならココ!

初心者さんから一歩レベルアップするための、お洋服の付属パーツの作り方をご紹介!
こちらでは、2次加工、タグ、ギャザー、ポケット、ファスナーといった高度すぎず簡単すぎないパーツ作りや加工法をピックアップしてみました。服づくりは慣れてきたけど、もっともっと上達したいと思っている方はぜひ挑戦してみてください♪

  • 2次加工(キルト・プリント・刺繍)

    2次加工(キルト・プリント・刺繍)

    衣服を立体的に、そしてゴージャスに見せてくれるのが、出来上がった服の2次加工です。キルトや刺繍など、糸を使った高度テクニックもありますし、市販のものを使って簡単に加工できるものもあります。
    昔作ったお洋服のアレンジや、既成の物にもう1スパイス加えたい、という方にもおすすめです♪

    詳細はこちら
  • オリジナル手作りタグの作り方

    オリジナル手作りタグの作り方

    洋服の裏側や、バッグや小物などに取り付けられているタグ。ブランド名やサイズなどが記載されているものが多いですが、あれは既製品に限ったものではありません。もちろん、ハンドメイドのものにもタグを付けることは可能です!タグをつけるともっと立派に見えますし、作り手のモチベーションも上がるはず♪

    詳細はこちら
  • きれいなギャザーの作り方・寄せ方

    きれいなギャザーの作り方・寄せ方

    スカートやワンピースによく使われている手法が、ギャザーです。タックやプリーツとの違いは、折り目が鋭角にはなっておらず、ふんわりゆるやかなこと。
    ストンと落ちるストレートなスカートよりも、やはりギャザー入りの方が可愛く見えますから、ぜひ取り入れて欲しい技術です。

    詳細はこちら
  • ポケットの作り方・縫い方

    ポケットの作り方・縫い方

    トップスにもボトムスにもポケットがついていないと不便!という方は多いと思います。ソーイング初心者のうちは、ポケットなしでも十分ですが、慣れてきたら本格的な服づくりを目指してチャレンジてみましょう。衣服の種類によってポケットの種類や用途も異なりますので、それらも学んでおくことが大切!

    詳細はこちら
  • ファスナーの付け方

    ファスナーの付け方

    ジッパーやチャックなど、様々な呼び方がある「ファスナー」。パーカーなどの完全に開くタイプと、スカートのバッグファスナーのように一部を開けるために使われるタイプがあります。こちらではトップスに使える、オープンファスナーの縫いつけ方をご紹介。覚えておくと便利なワンポイントも解説しています。

    詳細はこちら
  • 最初は難しいと感じるかもしれませんが、何度も繰り返し練習することが大切。どんどんレベルの高いこだわりのパーツを増やしていきましょう。その分だけ、作れるハンドメイド服の幅も広がりますよ♪

パーツ製作も学べるおすすめ教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者の方にもイチから指導してくれる、大手ソーイング教室が「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」です。経営母体が縫製会社なため、初心者でも1時間でチュニック1着を完成させてしまうほどの簡単なソーイング法を伝授してくれます!教室には常に500パターンの型紙が用意されており、800種類もの生地がスタンバイ。万全の環境で、楽しく洋裁を学びましょう♪


洋服には必須の、ポケットやファスナー付けなどのパーツの作り方、縫い方をご紹介。少し手を加えるだけで、驚くほど美しい仕上がりになるものです。このソーイングレシピを参考に、さらにホームソーイングを楽しみましょう。