財布をソーイングで素材からこだわるアイテム作り

自分でできるソーイング!財布の作成



普段日常的に持ち歩くものなどは、できるだけ自分のセンスに合った物を使用したいものです。特に財布は、普段から使う機会の多いもので、人前にも出すことが頻繁にあるため、そのデザインにはこだわりを持たせたいものです。

そこで、ソーイングを利用して、お気に入りの柄の財布を作るのがいい方法です。ソーイングであれば、自分の好きなサイズ、形に仕上げることが可能で、市販品ではいまいち使いにくいと感じる部分も、好きなように調整することができるのが大きな利点です。

また、素材もさまざまな選択肢の中から選ぶことが可能で、豊富に揃っている生地から自由に組み合わせて、オリジナルの一品を作ることができます。また、家の中にある不要になったハンカチや、ファブリックの端切れなどを活用することで、より独創的なデザインのものを容易に作ることができるのも魅力の点です。

普段使用するバッグや、ファッションのコーディネートに合うようにデザインを考えるのも楽しい作業です。

オリジナルの財布をソーイングで作る際には、まず第一に使い勝手の良いデザインにすることが大切です。せっかくのオリジナルのデザインも、使用する度に使いにくい思いをするのはストレスがたまるものです。

また、ソーイングで財布を作るとき、使用する布地によっては柔らかくなりすぎて、使っている間にへたってしまうということも多くあります。そのため、作成する前に、厚手の接着芯を使用するか、厚手で張りのある生地を選ぶと、長く使っても変形しにくいものを作ることができます。

デザインのメインとなる表面の蓋部分には、柄が気に入っているハンカチやタオルなどを使用することでオリジナルのデザインにすることができます。その際には、デザインのどの部分を使うかを、型紙に合わせながら調整すると作業が容易になります。

    

ソーイングテクニック集はこちら