ソーイングで簡単にできる自分好みな柄のチュニック

手作り簡単ソーイング!チュニックの作成



ソーイング初心者でも失敗なし、特別な道具を用意することなく、型紙も要らないので30分ほどの簡単ソーイングでチュニックが作れます。元々あったブラウスなどに手を加えるだけなので、布を大量に買う必要もありません。

今までお気に入りだったブラウスの袖口、襟元が痛んできたら処分せずに、大人用も子供用もチュニックに作り変えてみては。チュニックへと形が変わっただけで、また新鮮に着こなしを楽しめるはずです。

ちょっと伸びてしまったカットソーなども襟元にゴムを入れたり、紐を通すと可愛いパジャマになります。スウェット下に入っていた紐ロープを使ったり、ワンピースについていた紐を再利用できる可能性もあります。

ミシン糸、紐の色、金具使いをアクセントにして、もしかしたら製作費ゼロ円で自由なオリジナルチュニックができるかもしれません。

型紙要らずのチュニックソーイングは、既存ブラウスの襟元を丸いラインにカットし、内側に折り込んで、ミシンで縫います。内側に折り込む幅は、肩幅が広がってしまうなら、ゴムまたは紐通しできる幅に調節しましょう。

紐の端に金具がついているとそれもアクセントになってお洒落になります。素材によってはお出掛け着、部屋着、パジャマになりますので、部屋着ならゴムで頭からかぶれるタイプが脱ぎ着しやすいです。

袖口も痛んだ部分を切り、5分袖、7分袖と自由に変化できます。内側に折り込みミシンで縫って終了です。着なくなったワンピースも腰丈辺りでカットし、裾をミシンで縫えば上部をそのまま着ることができ、余った裾部分も、2重に巻いて頭からかぶれば秋からストールとして活躍できます。

ミシンで縫う時に待ち針をさしていれば仮縫いしなくても縫えるほど簡単ソーイングです。

    

ソーイングテクニック集はこちら