応用ソーイングで手作りポケットティッシュ用BOX

ソーイングでポケットティッシュ用BOXの作成!



ソーイングで簡単に作れる小物は色々とあります。こちらで紹介するポケットティッシュ用BOXは、縫う作業よりも貼りつける作業の方が多いので、難しい技術をマスターしていない初心者さんでも手軽に作ることが可能です。

用意するのは台紙となる手芸専用の厚紙と、好みの布です。ボンドを使用する作業が主なので、綺麗に貼りつけるためにボンド用のヘラも用意しておくと良いでしょう。

ティッシュボックスカバーやポケットティッシュケースもソーイングで作れるアイテムの定番ですが、今回は卓上でポケットティッシュを使えるようになるBOX作りのご紹介です。街頭で無料配布されているティッシュは広告が付いていて、恥ずかしくて外では使えない、という方にぴったりです。

ポケットティッシュ用BOXは、ごく簡単な作り方で十分かわいいものを作成することができます。

大きめの箱を蓋として小さめの箱に重ねるようなスタイルになるので、まずは厚紙を長辺が11.5センチ×6センチのものを2枚と短辺が6センチ×8.5センチのものを2枚、そして上用の11.5センチ×8.1センチのもの1枚用意し、蓋となる箱を作ります。

もうひとつはそれよりもそれぞれの辺が1センチほど小さめの箱を作ってください。こちらが蓋をかぶせる本体となります。

出来上がった上下の箱に布をボンドで貼っていきますが、天面と側面の布を別の色や模様にするとアクセントとなっておしゃれに仕上がります。箱の内側にもキルトをボンドで貼ると、補充の際に開けてもボロが見えません。

本体ができたら、ここでソーイングです。箱を飾るアップリケなどをステッチで作りましょう。フェルト生地を大まかなラインで切ってステッチでこまかい形を刺繍するのも良いですし、ピンクッションを作る要領で花や動物のモチーフを立体で作るのもおすすめです。

    

ソーイングテクニック集はこちら