簡単初心者向けソーイングならリボン作りが最適

欲しいものは自分で作ってみよう!ソーイングでリボンの作成



余った端切れの活用ソーイングで、可愛いリボンを作ることができます。色々と作ったり、買ってあった布の余りなどで作ることができるので、工夫次第でどんなものにもできます。

可愛い布でガーリーなリボンの飾りや子供用の髪飾り、ヘアピンにつけて髪をとめたりと自分の好みのものができます。布とあわせてレースをくっつけて個性を出したり、色を変えるだけでもまったくイメージの違うものにすることができるので、女の子に喜ばれるものを作ることができます。

布はあまったものでも十分に作ることができるソーイングなので、その布のあまった大きさによって少し作れる大きさが違ってきますが、それによって使うところが変わってきます。

バッグにつけたり、携帯のストラップなどにもすることができるのです。組み合わせ次第で個性を出すことができるものです。小物につけたり、部屋に飾ったりしてもいいです。色を変えたり、レースや他の布も利用することで印象を変えることができて可愛くなります。

小さめのリボン用の布は12センチ×7センチのものを2枚、大きめのリボン用の布は上辺15センチ下辺16センチ×7センチのものを2枚です。中心部分に使うためのあまった布で中心布が1枚必要です。

布は薄めのものの方が形を整えたり、少し柔らかく見せることができるのでいいです。布を中表に合わせて、1センチの縫い代をあけてソーイングミシンで縫い合わせます。3センチくらいの返し口をあけておきます。この返し口をあけておくことを忘れないようにしておくことが大切です。

縫えたら邪魔な角を切り落とします。糸まで切ってしまわないように気をつけます。切ってから、アイロンで内側に向かって縫い代を折っておきます。ボックスができるような感じです。

引っくり返してからアイロンで折り目をつけて、小さめの布と大きめの布を重ねて折り畳みます。ぎゅっとつまんで中心を縫い留めます。リボンの中心で巻いて、後ろ側で縫って出来上がりです。

    

ソーイングテクニック集はこちら