マナーポシェットをソーイングで作って楽しく携帯

ソーイングと手作りを楽しもう!マナーポシェットの作り方



ペットに犬を飼っている人は非常に多く、そのほとんどが毎日の散歩を日課にしています。そうした犬の散歩は、近所の決まったコースをある程度の時間歩いたり、また時には車などで遠出をして、飼い犬に新鮮な刺激を与える機会を作るという人も珍しくありません。

散歩には、犬のトイレの世話をするためのさまざまなグッズを持ち歩くのが飼い主の最低限のマナーとなります。複数あるグッズをまとめて持ち歩くためのマナーポシェットは、散歩には必携のグッズといえます。

こうしたマナーポシェットも、市販品を利用するのも悪くありませんが、せっかく毎日のように使用するものですから、ソーイングで自作して、お気に入りのものを作ってしまうのも良い方法です。

ソーイングで作れば、必要なものを入れるために好きな大きさのものにすることができますし、ワンポイントにオリジナルの飾りをあしらうといったアレンジも自由自在に行うことができます。

ソーイングで犬の散歩用のマナーポシェットを作る際には、持ち歩きをさらに便利にする工夫をすることが大切です。背面にリードを通すベルトループを取り付けておくと、リードと一緒に携帯することができるため、余分な荷物を増やしてしまうこともありません。

下部の穴からビニール袋を一枚ずつ取り出す仕組みで、その穴をあまり大きく作りすぎるとビニール袋が一気に飛び出してしまうため、気持ち小さ目に作ることを意識しておくとスムーズな取り出し口を作ることができます。

また、フェイスマスコットを飾りで取り付ける際には、各色のフェルトで、飼い犬の顔に似せてあげると、より愛着の持てるアイテムに仕上げることが可能です。リードを通す部分はマジックテープで調整できるようにすると、取り外しも簡単に行うことができます。

    

ソーイングテクニック集はこちら