ランチョンマットもソーイングでオリジナル仕様に

ソーイングでランチョンマットを作ってみよう!



ランチョンマットは実用的で尚且つとてもおしゃれなアイテムです。普段の食事の際にはテーブルを汚すことを防いでくれ、また素敵な布を使うことでカフェのような雰囲気にもしてくれます。

ソーイングではこのような身近にあるアイテムを自分の好きなようにコーディネイトして楽しむことができるのです。おうちの雰囲気やカラーに合わせて素材を選ぶことでさらにワンランク上の生活を楽しむことに一役買ってくれることでしょう。

またランチョンマットはご自宅のテーブルを彩るだけでなく、幼稚園や保育園、学校などでも大活躍します。お子さんの好みの素材を使ってオリジナルのアイテムを作ってあげるのもいいですね。

ソーイングは苦手だ、という方もたくさんいらっしゃることでしょう。しかし、材料と、ミシンなどのいくつかの道具がそろっていて、誰にでもわかる簡単な作り方の説明があれば、しっかりと手順を守ることで簡単に作ることができます。ぜひ作ってみてください。

ランチョンマットのソーイングに必要な材料は、たて27cm×よこ37cmの柄生地と、同じサイズの無地生地。ミシン糸は60番の普通生地用のものを使います。

必要な道具は、ミシン、11号のミシン針、定規、布切りはさみ、糸切りはさみ、アイロン。角を出すときなどに必要な目打ち、ミシンの縫い目をほどくときに必要なリッパーもあると便利です。

まず、柄生地と無地生地を中表に合わせ、返し口を残して、縫い代1cmのところを縫い合わせます。返し口には、生地のよこ、中央の10cmを残します。次に四隅を斜めにカットします。

それからアイロンで縫い代をたおして返し口から表に返します。最後に周囲の端から5mmのところを縫います。これで完成です。角を縫うところなどは、スピードを落として縫うと、より正確に縫うことができます。

    

ソーイングテクニック集はこちら