海外にもソーイングでお手製をパスポートカバー作り

ソーイングでパスポートカバーの作成を!



海外旅行の際に、最も大切なものとなるのがパスポートです。出入国の際にはもちろんのこと、身分を証明できるものとして、旅先では欠かせないものです。このパスポートは、有効期限が長いため、頻繁に使用していると、角がすり減ってきたり、汚れや傷などが多くなってくるものです。

大切なパスポートですから、破れたりなど、破損してしまうと再発行も面倒ですし、そのままボロボロのものを使っていたのではさまざまなトラブルの原因ともなってしまいます。

そのため、市販品でもパスポートを保護するためのパスポートカバーが販売されていますが、多くの物はビニール素材のため、ずっと取り付けたままにしておくと、表面がくっついてしまったりして、入国審査の際に取り出そうと思っても中々取り出せないといったことが起こりがちです。

そうした時は、ソーイングでパスポートカバーを作ってしまうのも一つの方法です。ソーイングならば好きなデザインで作ることができ、また使い勝手も自由に調整することができるのがメリットです。

大切なパスポートを保護するためのパスポートカバーをソーイングで自作する際には、まずそのサイズをきっちりと計り、型紙をきちんと起こすことが大切です。サイズが小さくなってしまって出し入れに苦労するということの無いように、少しだけ寸法に余裕を持たせることが大切です。

また、使用する生地が薄手のものの場合は、接着芯をあらかじめつけておくことで、ハリのある質感に仕上げることが可能です。

好きな柄の生地を選ぶ際には、表地と裏地を違った柄にすると、デザインのワンポイントとして活用することができますし、また裏地に滑りの良い生地を使用しておくと、入国審査などの際にパスポートを取り出す時、スムーズに取り出すことができるようになります。

    

ソーイングテクニック集はこちら