可愛いマフラーはソーイングでオリジナル物を

簡単にできるソーイングでマフラーを



手軽に扱えるフリース素材は、ソーイングが初めての方でも扱いやすい重宝な素材です。しかも、マフラーにするには温かみもあり肌障りも気持ちよく最適な素材だと言えます。

初心者でも簡単に作れる上に、アーガイルなどの柄がついた生地を用いれば、存在感のある可愛らしいマフラーが作れるのが魅力です。ニットなら編み物をマスターしておかないとできませんが、このフリースを使ったソーイングなら短時間で簡単に初心者の方でも作れるという特徴があります。

手作りでソーイングしたとは思えないほどの可愛らしい仕上がりになるので、人気があります。お子さんに愛情込めてマフラーをソーイングで作ってみたいと言う親御さんにもおすすめですし、お孫さんに作ってあげたいと言う方にも手軽に作れると言うメリットがありますので、ぜひ、挑戦してみませんか。

簡単な裁縫ができるだけで可愛いマフラーが完成するので、初心者の方でも気軽に作ることができます。

マフラーをソーイングで作る際は、初心者にはフリース生地が最適です。縫いやすいのに暖かさもしっかりあるので、しっかり日常使いできるものが作れます。

また、少し慣れている方にはボア生地もおすすめです。縫う際はボアの毛を巻き込んでしまわないよう、その点だけを注意して作成しましょう。他はフリースで作る場合と同じです。

では、その肝心な作り方ですが、とてもシンプルです。長方形に裁断した生地を中表で合わせ、片方の端だけを除いた残りの辺すべてを縫います。縫い終わったら表返しして、開いている残りの一辺をまつり縫いで綴じて完成です。

両端にタッセルをつけたり、短めに作ってネックウォーマー型にするのもおしゃれに仕上がります。ボタンを付けてワンポイントにするのも可愛らしいです。簡単なので、自分なりの装飾をしてみてはいかがでしょうか。

    

ソーイングテクニック集はこちら