短時間ソーイングで作れちゃう自分好みのミトン

ソーイングでミトンを作ってみよう!



ソーイングを楽しみたい方に簡単にできるのが、フリース地を使ったミトンです。五本指の手袋も手縫いで作成できますが、たとえば小さなお子さんに作ってあげる場合などは、ミトンでも十分ですし、可愛い見た目に仕上がります。

子供と一緒に好きな色の生地を選んで、キャラクターものが好きな子にはアイロンで取り付けられるアップリケなども用意してあげましょう。ミトン単品でも可愛いですが、大好きなキャラクターが手の甲部分に付けられていると、大事にしてくれます。

また、可愛いものが大好きな女の子のミトンには、刺繍で模様を入れてあげるのも良いでしょう。お母さんの愛情たっぷりの小物で、寒い冬もぽかぽかになって過ごさせてあげたいですね。

ミトンをソーイングで手作りする際は、マフラーとセットで作るのもおすすめです。同じ生地で作るとコーディネイトも完璧です。ミトンの作り方は、まず子供の手のサイズに合わせて型紙を作ります。

型紙のとおりに布を裁断したあとはそれぞれの手首部分に、脱げないようゴムを通します。ゴムの上から当て布を縫い付けておけば、脱着の際に指にゴムが引っかかる煩わしさがありません。少しゴムを引っ張って、布の幅より短めにして縫い付けるのがポイントです。

縫い付け終わったら手首部分がしぼられているような状態になっていたらOK。手首部分ができあがったら、ミトンになるように手のひら側と手の甲側の布を中表で縫い合わせ、表返しします。最後に左右のミトン両方を紐でつなげたら完成です。

手の甲部分にはアップリケをつけたり、刺繍をしたり工夫の余地がありますので、個性も十分出せるアイテムになります。フリース生地は縫い代の始末をしなくてもほつれてこないので、ソーイング経験が浅い人でも安心して挑戦できるアイテムです。

    

ソーイングテクニック集はこちら