憧れのマリメッコバッグをソーイングで安く作ろう

マリメッコバッグとソーイングについて

ソーイングでできるマリメッコバッグは華やかな印象のものです。一見しただけではそれが手作りだとは誰も気づかないでしょう。マリメッコと呼ばれるデザインは、元を辿れば外国の某アパレル企業が発売した商品に起因しているものです。

鮮やかで大胆な色を使った柄が多く、一つのジャンルとして世界的に知られています。このように聞くとハードルの高そうな印象を受けますが、ソーイングで自作すれば、お気に入りのバッグを安く手に入れられます。

マリメッコバッグ独特の柄使いは、カジュアルにも上品な服装にも合いやすいのでおすすめです。柄の色や持ち手の色を変えて親子で持って出かけるのも良いでしょう。あるいは、片面それぞれに別の柄を使うのも面白いですね。

ソーイングでマリメッコバッグを作る際には、布を切り取る時に布の位置に気をつけましょう。布の端ギリギリで生地を裁断してしまうと、仕上がりに影響が出てしまいます。

また、手芸店などで型紙を購入して使う場合は、縫いしろは含まれていませんので自分で1cm程度の縫いしろ分を足してから切り取るようにすると良いです。これを忘れてしまうとバッグの大きさが変わってしまいますから、絶対に忘れないようにしましょう。

他にも、裏布を縫う時には返し口を開けておくようにしておくのがポイントです。返し口は裏布を表に返した時に縫いますので問題ありません。革製の持ち手を取りつけると、さらに高級感を出せるのではないでしょうか。

縫い付ける糸を布や取っ手とは別のカラーにすると、ワンポイントとなって遊び心のあるものになるでしょう。可愛らしさも大人っぽさも演出できるのが、マリメッコバッグの良いところです。自分のファッションに合う装飾や形を模索してみると、型紙おこしの段階から楽しめるのではないでしょうか。

    

ソーイングテクニック集はこちら