ジャンバースカートでソーイングの応用力を身に付ける

ソーイングでジャンバースカートの作成!



女の子はどの年齢でもおしゃれにはこだわりたいものです。小さいときであっても、親が用意した服以外に、自分で服を選んでみたり、また持っている服の組み合わせを工夫して、自分なりのコーディネートを考え出すという子供も少なくありません。

こうしたおしゃれに敏感な子供のために、好みの既製服を買ってあげるのももちろん悪いことではありませんが、ソーイングで子供服を作ってみるというのも良い選択肢ではないでしょうか。

ソーイング初心者でも取り掛かりやすいのは、やはりシンプルなシルエットの服ですが、女の子らしさを演出するジャンバースカートは、シンプルな構造ながらふんわりとしたシルエットで、やわらかな印象を与えるものに仕上げることができます。

秋冬などの季節には、ジャンバースカートにニット素材を使用することで、重ね着などにも適したものとなり、また保温性も高い、実用面においても機能性の高いものに仕上げることが可能です。

女の子らしいふんわりとしたシルエットのジャンバースカートをソーイングで作るときには、上半身とスカート部分に切返しのアクセントを持たせることで、デザインがのっぺりしてしまうのを防ぐことができます。

ウエスト部分にギャザーを入れると、立体的なアクセントをつけることができ、また生地の柄をそこで少しずらすなどすると、デザインが単調になるのを防ぐことができます。

ニット素材を使用する際には大きく開いた首回りのため、肩のストラップ部分が伸びやすくなるため、のび止めテープで補強するのを忘れずに行う必要があります。これにより、肩からストラップがずり落ちるのを防ぐこともできますので、動き回ってもだらしなく着くずれしないようにすることができます。

    

ソーイングテクニック集はこちら