可愛い鍋つかみはソーイングで手作りがおすすめ

ソーイングで鍋つかみを作ってみよう!



ちょっとした空き時間を利用して、お金をかけずにできるソーイングは主婦やOL、学生など誰もが楽しめる実用的なホビーです。お店では売っていないような可愛い雑貨や小物を作ったり、手持ちの品に合わせてオリジナルの作品を考えたり、個性的な暮らしをしたい人にぴったりです。

ソーイングは難しそうで、専門の道具を揃えないと始められないと思っている人もいますが、鍋つかみなどの簡単な小物なら初心者でも失敗なく作ることができて、特別な機械や道具も必要ありません。

市販品ではなかなか可愛いものが見つからない鍋つかみも自分で作れば好きな色や柄の生地を選んで、ポップでカラフルにすることができます。単調になりがちなキッチンのアクセントになるので、毎日のお料理がもっと楽しくなるはずです。

いつも使う雑貨だからこそ、特別なものを選びたい、そんなときはソーイングをマスターしてオリジナルの鍋つかみを作ってしまいましょう。自分用だけでなく、プレゼントにしても喜ばれるはずです。

鍋つかみの作り方はとても簡単です。用意するものは本体生地と合わせ用のキルト生地やネル生地、コード紐、はさみ、まち針、手縫い針と糸だけです。まずは生地を手のひら型や四角や丸など好みの大きさや形に切ります。

生地の表面が内側になるように本体とキルト生地を合わせてまち針で留めて、縫い合わせます。途中でコード紐を輪っか状に留めて、表に返したときに引っかけパーツができるようにしておきましょう。

ある程度縫い合わせたら生地を表に返して残りの部分をきれいに留めます。ボタンやワッペンなどをつけて飾るとオシャレになります。ソーイングに自信のある人はキルト生地を使わず自分でミシンステッチでキルティングをしたり、ポケットをつけたりするとオリジナル感がアップします。

    

ソーイングテクニック集はこちら