小物作りの基礎コサージュ制作で学ぶソーイング

手作りでできるソーイング!コサージュ



普段見につけるさまざまなファッションアイテムは、人によって好みのブランドやジャンルには違いがあるものです。お気に入りのブランドのアイテムに身を包むのももちろん良いですが、あまりに人気の高いアイテムになると、他の人と被ってしまうということも少なくありません。

自分だけのセンスを際立たせる方法として、ソーイングでファッションアイテムを自作するのも有効な方法です。しかし、ソーイング初心者が、いきなり大作に挑むのはハードルが高いものとなるので、まず最初は手軽なアクセサリーから始めるのが安心です。

簡単なものなら、それほど厳密な技術も必要ありませんし、型紙を抜いた余りでコサージュを作ることも可能です。このコサージュはさらに作りが簡単で、どんな種類の生地でもその特徴を生かしたものが作れるため、コサージュなどの小物から始めてみるのも良い方法です。

帽子の飾りとして活用するのはもちろんのこと、バッグや胸元にあしらうのも効果的です。

コサージュをソーイングで自作する際には、同じ生地を使用するのでも、中心部分と外周部分で生地の用い方を変えることで、表情を違って見せることが可能です。

中心部分に使用する生地は、周囲をほぐしてぐし縫いすることで、花弁を表現できますし、外周部分は生地の端を波型にカットすることで、花びらを表現できます。

ぐし縫いのピッチをランダムにすることで、より不規則な表情を作ることができますので、きっちりしたフォルムにしたくないときなどは、わざとピッチを不均一にするなど、規則性をなるべく崩した方が良い効果を得ることができます。

また、中心部分と外周部分の生地を違った物にすると、より表情の変化がつけやすく、フォルムを強調しやすくなります。

    

ソーイングテクニック集はこちら