ソーイングでできる簡単ステッチコースター

ソーイングでステッチコースターを作ろう



フェルト生地とお気に入りの布で作るステッチコースターをご紹介します。手作りでコースターというと難しいと感じるかもしれませんが、こまかい作業が得意ではない人でも簡単に作れるのが、このステッチコースターです。

厚みのあるフェルト生地を使えば、コースターとしての役割をしっかり果たすものが短時間で作れてしまいます。ソーイング初心者の人や、親子で作りたい人にもおすすめです。

用意するのは好きな色のフェルトと、フェルト生地との組み合わせにぴったりな色の糸です。フェルト生地をいくつか組み合わせたい場合は、手芸用のボンドを用意しておくと後でステッチを入れる時にずれたりせず、綺麗に縫えます。

まず、作りたい形の図案をメモしておきます。簡単なのは花や家の形です。今回は花の形での作り方をご紹介します。使うフェルトは花本体用と、花芯部分用の2枚です。

まず、花本体用のフェルトを花の形に切り抜きます。この時花弁が多い花にしてしまうとコースターとしての丈夫さが頼りなくなってしまいますので、なるべく花弁は少な目に、大き目に作りましょう。

だいたい5枚くらいの花弁が、見た目のバランス的にも丁度良いです。切り抜いた花のサイズに合うような大きさの花芯を丸く切り取って、中央にボンドで貼ります。この時、ステッチを入れている際にずれたりしないよう、ボンドが乾くまで時間を置いてから縫い始めるのがポイントです。

ボンドが乾いたら、花の形にそって周りをステッチします。花芯の部分も形にそってステッチを入れたら完成です。

フェルトを切り抜くだけでも可愛いですが、ステッチを入れることで丈夫に、また手作りの素朴さが際立って可愛く仕上がりますよ。とってもで材料費も安く済むので、是非試してみてください。

    

ソーイングテクニック集はこちら