ソーイングで作れる小物いれは自分好みにし放題

ソーイングで小物いれの魅力と作り方



ソーイングの小物いれは自分好みの見ためと、実用性の両方を兼ね備えているのがメリットです。大きさもたっぷりと物が収入できるようなサイズで作れば、ペンや物差しなどをたくさん入れることができます。

イラストを描くことが趣味の方でしたら、よく使うペンをその中に入れておけばすぐに取り出せて便利ですね。ソーイングは初心者さんにとっては難しいものだと感じるかもしれませんが、小物いれはポイントをしっかりとつかんで丁寧にすることで、綺麗に仕上げることができます。

使う布によってはインテリア小物としてもお部屋に映えるので、自分好みの布選びから楽しんでみるのも良いです。

作ることに慣れてくればサイズ違いの小物いれを作って楽しむことができますので、各部屋に置いておくのも良いです。キッチンに置いてホットドリンクのスティックを入れてみるのも便利です。これを基本にして自分のアイディアをつめこんでみましょう。

小物いれをソーイングで作る時の最初のポイントは、布を裁断する時にあらかじめ合印をつけておくということです。これは丸底と側面部分に入れておけば後で2つを合わせる時にやりやすくなります。

また丸底をきれいな丸の形に作るということです。ここは全体のバランスを決めるところでもあるので、切り込みを入れる順番を考えながらすると形を作りやすいです。とにかくゆっくりと焦らないで作っていくのがコツです。

側面と丸底をミシンで縫い合わせる時には一気に縫い合わせてしまうのではなく、途中でミシンを止めて布のゆがみを直しながらするときれいにできます。目打ちを使って布をおさえながらするとより縫いやすくなります。

布を表に返した後は返し口をコの字縫いするのを忘れないようにしましょう。

    

ソーイングテクニック集はこちら