ちょっと上級を試したいソーイングにキャリングバッグ

ソーイングでキャリングバッグを作ってみよう!



家族の一員であるペットの飼い犬を、旅行などに連れていくときには、専用のケージなどが必要となります。しかし、ちょっとしたお出かけの時にわざわざケージを用意するのは手間もかかりますし、荷物にもなってしまいます。

だからといって抱きかかえて移動していると、両手がふさがってしまいますし、ふとした拍子に犬が暴れてしまうということもあります。そうした時に便利なのがキャリングバッグですが、市販のものではデザインが限られており、持ち歩くときにファッションに合わないということもあります。

どうせなら、ソーイングでキャリングバッグを自作してしまうのも良い方法です。ソーイングで作れば自分の好きなデザインや、好みの柄の生地を自由に選ぶことができますし、犬の大きさに合わせてサイズも自由に作ることができるのがメリットです。

また、好みのファッションに合うデザインにすれば、一見ちょっとしたタウンバッグのように扱うことも可能なため、よりおしゃれにペットとのお出かけを楽しむことができるようになります。

愛犬を入れるためのキャリングバッグをソーイングで作る際には、バッグとしての持ち運びに便利なことはもちろん、犬が多少動いたりしても大丈夫なように強度も持たせなければなりません。

そのため、メインとなる生地部分は、裏地をつけて補強をすることで、十分な強度を確保することができます。また、裏地に使用する生地は、撥水加工をしてあるものを使用することで、汚れなどがついても簡単に掃除することができますし、犬の足や毛が濡れていても、バッグの外側にしみだすこともありません。

バッグは円形の生地から作り、口部分を巾着にすることで、犬が不意に飛び出すのを防ぐことができますし、完全に広げてしまえばプレイマットとして使用することが可能です。

    

ソーイングテクニック集はこちら