オリジナルのデジカメポーチでお出かけ用ソーイング

ソーイングと手作りを楽しもう!デジカメポーチの作り方



普段持ち歩くものの中でも、デジカメは日常のふと気になるシーンを気軽に撮影できるものとして重宝するものです。スマートフォンと違い、デジカメならではの豊富な撮影モードの使用により、日常の何気ない風景も印象的な写真に仕上げることが可能です。

最近のデジカメはコンパクトながら、精密機械のため、いつものバッグにそのまま入れておくのは抵抗があるものです。そこで専用のデジカメポーチが必要となりますが、市販されているものは無骨なデザインのものや持っているデジカメにピッタリのサイズが無いということも少なくありません。

しかし、ソーイングで自作してしまえば、オリジナルのお出かけ用デジカメポーチを簡単に作ることが可能です。

ソーイング初心者の人でも、簡単な構造のデジカメポーチならそれほど苦労なく作ることができるため、お出かけの際のコーディネートのワンポイントとなるようなデザインのものを作れば、普段の持ち歩きにも最適なものに仕上がります。

ソーイングでデジカメポーチを作る際には、そのデザインはもちろん重要ですが、何といってもまずデジカメ自体をある程度衝撃などから守る強度が必要となります。そのため、使用する生地の他に、キルト生地を使用するとある程度のクッション性を持たせながら、秋冬らしいデザインに仕上げることが可能です。

お出かけ用に作るので、安全にカメラを収納しながらも、必要な時にすぐに取り出すことができなくてはならないので、蓋部分の開閉にはマジックテープを使用すると取り出しやすく、また不意に開いてカメラが飛び出すこともありません。

ポーチにDカンを使用し、ストラップを取り付けておくことで、普段のカバンのベルト部分に簡単に取り付けることができるので、荷物を無駄に増やすことにもなりません。

    

ソーイングテクニック集はこちら