ソーイングでコインケース作りハリネズミがポイント

ソーイングで簡単にコインケース作成!



ソーイングで作るハリネズミのコインケースをご紹介します。針一本一本を取り付けるのは難しいですし、時間がかかってしまいます。そこで、ステッチの出番です。針はステッチで表現すれば、型紙を作る際は大まかなラインで作れます。

針を意識せず、なだらかなカーブでハリネズミ本体を型紙に起こすだけなので簡単です。コインケースとしては勿論、少し大き目に作ればリップクリームなどの小物入れとしても活躍するでしょう。

ハリネズミをモチーフにしているだけでも珍しいものになりますが、手作りなのでさらに個性あふれるものが手に入ります。本体の布は丈夫なものを、取り付ける手足や耳は縫い代始末のいらないフェルト生地を使うと、とっても手軽な作業となります。

裁断した本体には、キルト芯を裏側に貼りつけておきます。針部分をステッチする布は別に用意して、ステッチした後に本体へ縫い付けるようにしましょう。ハリネズミの針の部分のステッチは、同じ長さで均一に行うより、長さも方向もある程度バラバラな方が自然な見た目に仕上がります。

ステッチが終わったら同じ糸で本体に縫い付けます。その後、ファスナーを取り付ける部分を残して本体を袋状になるよう中表で縫い合わせましょう。ひっくり返したら、ファスナーを取りつけます。

ファスナー部分の縫いつけは、細かいまつり縫いです。頻繁に使用して動く場所なので、しっかりと縫い付けましょう。残りは手足と耳、目を取り付けるのみです。

フェルト生地を使用する場合は、手足は手芸用のボンドで貼りつけると縫い付けるより簡単です。また、目の縫い付けのときに、左右のバランスをみて、ズレが極力少なくなるようにすると、バランスがよくなります。

    

ソーイングテクニック集はこちら