コインケースのネコを持ち歩くソーイングの応用術

ソーイングでコインケースを簡単作成!



飲み物を買いに出かけたり、近くのコンビニに出かけるときに持っていると便利なコインケースを、ソーイングで簡単に作成してみてはいかがでしょうか。コインケースの丸いフォルムはそれだけでも可愛いですが、ちょっと刺繍を頑張ってネコのモチーフを取り入れてみるのもおすすめです。

布を縫い付けてブチ模様を作ったり、縞模様を刺繍で表現したりと、少し手の加え方を変えるだけでさまざまなタイプのネコを作れます。可愛いネコのコインケースは、コインを入れる以外にも飴や小物を収納するのにもぴったり。

親子や兄弟姉妹で色違いのものを作れば、学校でも自慢できますね。基本さえ覚えておけばアレンジは自由自在なので、一度試しに作ってみてはいかがでしょうか。

ネコのコインケースのつくり方は、表の顔側と後ろ側用に布を裁断します。表の顔側に、刺繍糸で目や鼻、口やヒゲを刺繍します。縞々を刺繍したり薄い布を貼りつけてブチ模様にすると、さらに可愛くなります。

ジッパーを後頭部につけるため、後ろ側はジッパーを縫い付ける部分の縫い代を追加した大きさで上半分と下半分に分けた形に裁断します。それぞれの縫い代を除いた仕上がり線に合わせてカットしたキルト芯をアイロンで貼り付けて補強します。

次に、頭の大きさとバランスの良い大きさに耳用の布を裁断します。両耳用の4枚を用意したら、それぞれ中表で縫い合わせ、表返ししてください。顔の表側と後ろ側の布を、表合わせにします。耳を取り付ける位置に耳用のパーツを内側から入れておきます。

縫う際にジッパーを開けておくと、空き口を残して縫う必要がないため、おすすめです。周囲をしっかり縫い合わせたら、開けておいたジッパーから表返して完成です。

    

ソーイングテクニック集はこちら