ワンポイントアイテムにブローチのソーイング

初めてのブローチソーイング



布や糸、針を使って服や小物を作るソーイングは、誰もが一度は家庭科の授業などで経験したことのある作業です。

ソーイングができればお店では売っていないような素敵な服や、用途に合わせてちょうどよい大きさのバッグを作ったり、あったら便利なキッチン小物やインテリアに合わせた生活雑貨などを自分で自由に製作できるので、より豊かな暮らしができます。

アクセサリーも自分で手作りできる小物の一つです。お店で買うと高価なブローチなどもちょっとしたコツを覚えれば自宅で簡単に作ることができます。

フェルトやレース、刺繍などをあしらって、手持ちのファッションにぴったり合うような色とデザインにすれば市販のものよりずっと素敵なブローチがわずかな予算でできてしまいます。

服につけたりバッグや帽子のアクセントにしたり、親子や友達同士でおそろいの品物を作ったり、無数のアレンジが可能です。プレゼントにしても喜ばれるので、早速作り方をマスターしましょう。

フェルトを使ったお花のブローチならソーイング初心者でも簡単に作ることができます。用意するものは好きな色のフェルト数枚と刺繍糸、ブローチを留めるピンと接着剤だけです。

まずはフェルト1枚をお花の形に切ります。花の芯と花びらに好みの色の刺繍糸を2色程度使って刺繍をします。ビーズやスパンコールをあしらってもよいでしょう。

次に土台になるフェルトをお花がきっちり収まる大きさに丸く切ります。土台は1枚でも、色の違うフェルトを数枚重ねて使ってもきれいです。ギザギザのハサミを使うと切り口がオシャレに見えます。

お花の裏面に接着剤を塗り、土台に貼り付け、土台とお花を合わせて刺繍糸で星型やV字型などの刺繍をほどこします。一番下の土台用フェルトの裏に小さな切り込みを入れて留めピンを固定し、お花のフェルトと一緒に接着剤で合わせて完成です。

    

ソーイングテクニック集はこちら