コツを覚えれば簡単なソーイングで作るレザーブローチ

ちょっと凝ったソーイング!レザーのブローチ



普段身につける様々なファッションアイテムも、お気に入りのデザインのものや、好きなブランドのもので揃えるという人は少なくありません。これは各種の小物にも言えることですが、これらのアイテムをより自分だけのオリジナルのものにするのであれば、ワンポイントの装飾を自作するというのも一つの方法です。

そうしたデザインのアクセントに最適なのが、ソーイングで作るレザー製のステッチブローチです。レザーを使用することで、自作ながら高級感のあるブローチに仕上げることができますし、ソーイングに使用する糸の色や太さを変えることで、様々な印象のものを作ることができます。

いつも着ている服の胸元などにあしらうのも良いですし、複数個作って、バッグや小物などを飾るというのも効果的な使い方です。大きさも自由に替えることができるので、ステッチの柄によってサイズを変えたり、またブローチ自体の形にも工夫を入れることで、より個性的なものに仕上げることが可能です。

ソーイングでステッチブローチを自作する際には、使用するレザーの種類や色を変えることで、様々な表情を演出することが可能です。

厚手のレザーを使用すれば、より存在感の高いものとなり、またしっかりとしたつくりになるので、使っているうちにへたって来ることもありません。レザー自体の色も、染色で変えることもできますので、ステッチの色と合わせて、自由な発想でオリジナルのものを作っても楽しめます。

また、ハトメ加工を施すことで、チャームとしての活用も可能で、革製のストラップを通すことでおしゃれなアクセサリーとして使うこともできます。ステッチを施す際には、縫いはじめはしっかりとバックステッチを行っておくことで、糸のほつれなどを防ぐことができます。

    

ソーイングテクニック集はこちら