上級者さんにおすすめソーイングで作るブラウス

ソーイングでブラウスを簡単作成!



ちょっと気を使ったお出かけの際には、普段の服装にもこだわりを持ちたいものです。しかし、お気に入りのブランドアイテムや、普段から使っているものでは、どうしてもありきたりな印象になりがちで、新鮮味に欠けることもしばしばあるものです。

そうした時はお出かけ用のブラウスをソーイングで自作してしまうというのも選択肢の一つです。ソーイングで作ってしまえば、サイズも自分の体にぴったりと合わせることが可能なため、既製品ではいまひとつしっくりとこないという人でも、抜群のフィット感を持ったものを作ることが可能です。

また、ブラウスの素材にもこだわりを持たせることができるので、夏などの季節ならばざっくりとした麻混のものを使用したり、透けるレース素材を取り入れることで、軽やかな印象を作ることが可能です。

袖の長さや、フォルムを調整することも可能なので、スタイルが気になる人も、体型を上手に隠すことができるシルエットに仕立てることもできます。

ソーイングでブラウスを作る際の注意点は、なるべく体の採寸をしっかりと行っておくことです。ざっくりとした着心地のものを作るのであれば、多少は遊びのある寸法でも構いませんが、ドレスシャツなどにする場合は、採寸を人に手伝ってもらうなどして、きっちりと型紙を作っておくのが成功の秘訣です。

また、薄手の素材を使用するときには、糸がつりやすいことがあるので、ミシンの設定をしっかりと確認し、縫製が乱れないように注意する必要があります。

襟のデザインは、普段上に着るアウターなどのデザインに合うように調整すると、着回しがしやすいものとなります。また、ハイカラーなど、独特のシルエットのものにしてしまえば、より個性的な作品に仕上げることが可能です。

    

ソーイングテクニック集はこちら