ソーイングで愛犬用のバスローブを手軽に作ろう

バスローブソーイングの作り方について



可愛がっている愛犬を、主に室内で飼っているときには、犬用の服を着せてあげるのも有効な方法です。見た目の可愛らしさはもちろんのこと、寒い時期などは防寒具としても使用することができますし、家の中に毛が散らばるのを防ぐことにも繋がります。

また、タオル生地のものを利用すると、犬を洗ってあげた後に、しずくなどで部屋の中を濡らしてしまうのを防ぐ効果も得ることができます。市販品でももちろん良いのですが、より愛犬にピッタリのサイズのものを用意したいのであれば、ソーイングで自作するのも有効な方法です。

ソーイングでバスローブを作ってしまえば、気に入っているタオルを利用して、好みのデザインのものに仕上げることも可能です。

また数枚作っておけば、汚れた時などにもすぐに取り替えることができますし、洗濯も簡単にすることができるので、室内をきれいに保つことができ、犬にとっても暖かい環境で過ごすことができるようになります。

犬用のバスローブをソーイングで自作する際に、最も気を使わなければならないのは犬の体の採寸です。犬によってサイズには大きな違いがあるので、犬がリラックスしている状態の時にしっかりと体の各パーツを図っておくことで、よりフィットするものを作ることができます。

フードの部分を立体的に仕上げることで、着ぐるみのような可愛らしさを演出することもできますし、またボリュームのあるタオル生地を使用することで、吸水性にも優れ、機能性を十分に持たせることができます。

ボディ部分はマジックテープを使用することで、つけ外しが簡単に行えるようになり、またサイズの調整もしやすくなります。脚を通す部分は、ゴムで袖口を絞りますが、あまりきつくしてしまうと犬にとってもストレスになるため注意が必要です。

    

ソーイングテクニック集はこちら