夏におすすめの
ニット生地特集!

夏の風景
夏のニット生地

「ニット」と聞くとどうしても厚手のセーターなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ニットは糸の編物のことなので、薄手で吸水性の高い、夏場でも大活躍してくれるニット生地はたくさんあります。最近ではニット生地をインターネットでも購入できるようになったため、各ニット生地の特徴を押さえておくことで選びやすくなるでしょう。では、夏におすすめのニット生地にはどのようなものがあるのでしょうか。よく使われている生地をいくつかピックアップしてご紹介します。

  • 天竺

    綿100%および綿混紡の平織りでさらっとした肌触りが特徴。Tシャツによく使用されています。

  • フライス

    伸縮性、通気性、吸水性が抜群の薄手生地。ベビー肌着にもよく使用されています。

  • スムース

    吸水性、保湿性に優れたやわらかな肌触りが特徴。肌着としても使用できます。

  • ミニ裏毛

    ミニ裏毛とは薄手の裏毛のこと。裏面がパイル状になっているのが特徴。

  • ワッフル

    ベビー肌着にもよく使用される、吸水性に優れたニット生地。ふわふわの肌触り。

  • スパンフライス

    伸縮性が高く、袖口や襟などに使用される素材。Tシャツを作るなら40が一般的。

夏ニット生地が買えるお店をご紹介!

夏にハンドメイド服をつくるのなら、通気性が高くて吸水性に優れたニット生地を選びたいですね!ニット生地にもたくさんの種類がありますが、生地を取り扱っているお店にも強みがあるものです。夏にぴったりの生地を多く扱っているお店をピックアップしてご紹介します。柄やプリントにもぜひこだわってみてください。

大塚屋

名古屋市、岐阜市、大阪吹田市に店舗を構えて60年。ネットショップでも豊富なニット生地が揃えられています。スムースニットや天竺が多いほか、ボーダー柄など夏ならではの柄が揃っているのも特徴。ネットショップでは、購入金額6000円以上で送料サービス。8000円以上で代引手数料もサービスになります。

http://otsukaya.co.jp/NewNetShopTop.htm

アザトいのうえ

コットン、リネン、シルク、ポリエステルなども扱っている生地屋さん。パンツ向け生地やシャツ向け生地など、仕立てから生地を選べるのが特徴です。無地のものや落ちついた花柄など、大人向けの生地が多く揃えられています。夏向けの生地でも、落ちついたイメージのものを購入したい、という方には一度覗いてもらいたいショップ。

http://www.azad.jp/

手芸と生地の店「いすず」

可愛いプリントや柄の生地がたっぷりと用意されているハンドメイドが大好きな方のためのネットショップです。夏ぴったりの肌触りのいいWガーゼや、リネン、麻、綿麻などの生地も豊富です。何より、柄のイメージから選べるので、「こんな服にしたい」というイメージがある方は生地を探しやすそうですね。花柄、ドット、チェック、マトリョーシカなど可愛い柄が多いので選ぶのが楽しいショップです。

http://www.rakuten.co.jp/isz/

特におすすめのお店はこちら!

生地問屋山冨

繊維の街、大阪船場で64年営業を続けている生地問屋。ネットでも個性的なニット生地を購入することができます。ニットはもちろん、平織、綾織、ウールや合皮など生地の種類が豊富です。シーズンプリント特集もあり、夏にぴったりの爽やかなニットを選べそう。無地、レース、チェック、ストライプ、花柄、水玉、北欧、ムラ柄、マリン柄など柄から選べるのもポイント!

http://yamatomi.biz/

夏のニット生地についての総評

夏向けのニット服には、通気性の良いものを選ぶのがポイントです。天竺やフライスやスムースは特にさらっとした肌触りと通気性の良さが特徴なので、初めて夏服をつくるという方はそういった生地からまずは挑戦していきましょう。特にスムースニットは初心者の方も扱いやすい生地です。
手触りを確かめてから選びたい、という方はぜひ店頭に足を運んでみてください。また、ニット生地を購入できる洋裁教室も多いので、学びながら扱いやすい生地を選んでみてもいいでしょう。


暑い夏におすすめのニット生地についてご紹介。吸水性が高く、通気性のいい生地を選びたいですね。薄手で夏に着てほしいニットをピックアップしますので、ぜひハンドメイドにお役立てください!おすすめショップもご紹介します。