ニット生地特集

ニット生地とひとくちにいってもたくさんの種類があり、特徴も異なります。厚さや用途もそれぞれなので、数多くの生地の中からつくりたい服にぴったりの生地を見つけるのはかなり大変ですよね。そこで、季節ごとにおすすめの生地をご紹介!保温性、通気性、吸水性など、その季節にほしい機能に優れた生地をピックアップしてみました!

season
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
  • 春ニット1
  • 春ニット2
  • 春ニット3
  • 春ニット4
  • 春ニット5
  • 春ニット6
  • 夏ニット1
  • 夏ニット2
  • 夏ニット3
  • 夏ニット4
  • 夏ニット5
  • 夏ニット6
  • 秋ニット1
  • 秋ニット2
  • 秋ニット3
  • 秋ニット4
  • 秋ニット5
  • 秋ニット6
  • 冬ニット1
  • 冬ニット2
  • 冬ニット3
  • 冬ニット4
  • 冬ニット5
  • 冬ニット6

春夏秋冬からニット生地を選んでみよう!

ニット生地にはたくさんの種類がありますが、季節ごとにおすすめの生地も異なります。夏には通気性がよく吸水性に優れたニットを、冬には保温性が高くぬくもりたっぷりのニットを選びたいものです。こちらでは、季節ごとにおすすめのニット生地をまとめてみました。つくりたい服がある方はその季節に合った生地を選んでハンドメイドしてみましょう!

  • 春のニット生地

    春ニット

    寒さの厳しい冬が終わり、肌寒さとポカポカ陽気が同居する春。朝と夜、昼の気温差があるのでなかなか服装が安定しないものです。薄手のニットでも保温性に優れた生地を選ぶと、昼でも夜でも着心地抜群でしょう。また、春にぴったりのニット生地は肌着として着用できるものが多いので、一年中使用可能!肌着になれば消耗品ですから、じゃんじゃんつくってみましょう!春におすすめのニット生地にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 夏のニット生地

    夏ニット

    朝も昼も関係なく汗をかくほど暑い夏。夏にニット生地!?なんて思う人もいるかもしれませんが、ニットは糸を織り上げたものなのでかなり薄手のものも多いんですよ。夏に選びたいニット生地は、通気性がよく吸水性の高いもの。カットソーが中心になると思いますから、ソーイングにまだ慣れていない初心者さんでも挑戦しやすいのではないでしょうか。間違った生地選びをしないよう、夏にぴったりのニット生地を知っておきましょう!

  • 秋のニット生地

    秋ニット

    暑さも和らぎ、夜は寒さを感じるようになる秋。秋になると、保温性といった機能の部分ではもちろん、カラーや風合いなどにもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。シックなカラーでまとめたり、クラシカルな花柄を選んだりするなど、柄やイメージで選ぶことによって秋という季節にマッチした服が出来上がるはずです。この季節になると、もこもこした生地などにも注目したいですね。秋におすすめのニットをチェックしてみましょう。

  • 冬のニット生地

    冬ニット

    寒さが本格的に厳しくなる冬。もこもこボアやプードルファーニットなど、毛足の長いものは冬しか着る機会はないかもしれません。冬は、この時期ならではのニット生地でハンドメイドをするチャンスです!厚手のものや毛足の長いものが増えてきますので、洋裁教室で学びながらニット生地を選んでもいいかもしれません。冬にぜひ選びたいニット生地にはどのようなものがあるのでしょうか。この時期ならではのニット生地と、その特徴を知っておきましょう。

ニット生地を選んだら始めてみよう!自分に合ったソーイング製作

その季節に合ったニット生地を選んだら、あとはイメージしている服を完成させてみましょう!冬はどうしても厚手の服が多くなってしまいますが、春や夏の服は薄手で扱いやすいニット生地ばかり。肌触りが良く機能性にも優れたニット生地が多いので、肌着にすれば冬も着用できます。まずはそういった難易度の低いものから挑戦してみるといいでしょう。

  • ハンドメイド服

    初心者の方に挑戦してもらいたい、基本的な衣服の作り方を解説しています。

  • パーツ別ソーイングレシピ

    こだわりたいポイントを紹介!刺繍やオリジナルタグをつけると自分だけのアイテムが完成!

  • 人気のソーイング用品

    ニット生地だけでなく、ミシン、はさみなどの道具と使い方を紹介しています。

  • 自分で作れるニットデザイン服見本帳

    ハンドメイドのワンピースやパンツの完成見本をぜひチェックしてみてください!

今回体験したソーイング教室

おすすめのニットソーイング教室はこちら!
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者の方にも丁寧に指導してくれる「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」がおすすめ!縫製工場が母体なので、簡単スピーディーにつくるコツを伝授してくれます。週2回新しい生地が入り、新作型紙も毎月3~5種類入手可能。全国に約200店舗展開しており、様々なニット生地を扱っているため、生地選びも楽しめるのがニットソーイングクラブの特徴です。


ニット生地にはたくさんの種類があり、その種類と特徴を紹介しています。通気性や保温性など、その季節の機能にぴったりのニット生地を季節ごとにわけてご紹介。まずはつくりたい服をイメージして、生地選びを始めてみましょう!